カテゴリー「『藝州かやぶき紀行』」の記事

2008年12月 7日 (日)

『藝州かやぶき紀行』からドイツの炭鉱住宅への旅

 

 『藝州かやぶき紀行』をめぐって、日本の近代化過程の、さりげないが見事な記述というようなことを書いた。

 屋根職人の技術の映像記録の背後に広がる、広島の近代、日本列島の近代の姿。

 昨日は、広島の屋根職人の九州への出稼ぎの実際と出会う映画上のエピソードから、日本の近代化に伴う農村の生活の変化について書いてみたわけだ。

 土地への定住という農業生活の基本が、出稼ぎという形での、他の土地への移動を余儀なくされる過程。

 近代化=工業化という側面を支える炭鉱労働者、そして工場労働者の供給源としての農村。

 九州の炭鉱へ、働き口を求めて移住する広島の農村出身者。その住宅の屋根を葺きに、九州を出稼ぎ先とする、広島の屋根職人の姿については、昨日、触れておいた。

 先週の日曜日に、古書店で、相馬保夫 『ドイツの労働者住宅』 (山川出版社 2006)を購入した話を書いた。

 書中に、19世紀ドイツにおける、炭鉱労働者用住宅をめぐる記述がある。

 関連する話題を抜書きしてみよう。

 著者は、

 

 (1)19世紀のドイツでは、農村から職を求めて大量の人たちが都市や工業地帯に流入し、いわゆる社会問題が発生した。そのなかで焦点にのぼった労働者の住宅問題を工業化・都市化との関連で、さらに国民国家、ナショナリズムと戦争・ジェノサイドの世紀における住宅問題の諸相を振り返ることによって、ドイツの近代化の一側面を照らし出すこと。

 

と、著書のモチーフのひとつを説明している。
 その上で、本文中には、

 

 1871年にドイツ帝国を構成することになる諸地域において、「大衆的貧困(パウペリスムス)」が深刻な社会問題・住宅問題と認識され、社会主義と関連づけて論じられるようになるのは、三月前期から48年革命にかけての時期である。しかし、ベルリンでは、すでに19世紀前半、対ナポレオン解放戦争後の時期に、急激な人口の増加にともない貧困な下層民衆の集中の問題があらわれていた。とりわけ、その北部、市壁の外側にある郊外フォークトラントには、この時期、日雇い、工場労働者、困窮した手工業者などの無産者(プロレタリアート)が大量に流れ込んできた。

 なぜなら、第一に、プロイセンのシュタイン・ハルテンベルクの改革によって、世襲隷農制が廃止され、農民に移住と職業選択の自由が与えられた結果、彼らは日雇い、奉公人、織工として都市に殺到した。

 

という記述がある。

 明治維新の結果、封建的身分制度は廃止され、廃藩置県により、移動の自由も農民のものとなった。

 農村を離れた人々は、あるいは都市住民となり、あるいは炭鉱労働者となり、あるいは新たに興された様々な産業の工場労働者となって雇われることになったわけである。

 そして、その住居の確保という課題も生まれる。

 

 …、ルール地方では、とりわけ1830~40年代からドイツ関税同盟の成立、鉄道建設の本格化を契機にして、鉄と石炭を主軸とする工業地帯が形成されていく。19世紀中葉から泥炭岩層を突き抜ける深部採掘が可能になるとともに、炭鉱地帯はルール川一帯から北上し、都市の基盤整備や住宅建設が人口の増加に追いつかない状態になった。遠方から労働者を募集し、企業に確保しておくために、大規模な社宅団地の建設が推し進められるようになった。ルール地帯でもっとも早いその例として、オースタフェルトに建設されたのがアイゼンハイムである。

 それまで街道沿いの町を除けば、ほとんど荒野と農村だった地域は、炭鉱や工場の設立、その周辺の労働者住宅の建設によってみるみるうちに巨大な工業地帯に変貌していった。

 ルール北部に進出したルールの炭鉱は、近隣出身者だけでは労働力が不足したことから、ドイツ東部に募集人を派遣して炭鉱に労働者を勧誘した。社宅団地の建設は、石炭・鉄鋼の大企業では、年金や疾病金庫などと並ぶ企業内福利政策の重要な一環として位置づけられ、企業に必要な労働力を確保し、鉱夫の頻繁な職場移動を防ぐとともに、会社に忠実な基幹労働者を育成するため、大規模に進められていた。なかでもエッセンのクルップ社は、「一家の主(ヘル・イム・ハウゼ)」として専制的な経営をおこなう一方で、従業員の利益と福利のために、市内に低廉で広い社宅団地の建設を1860年代から推し進めたことでよく知られる。

 

…という記述は、まさに北九州の工業地帯の成立にも当てはまるだろう。

 その上で、戦後の日本の企業について言われた「日本的経営」の姿を、クルップ社による1860年代の社宅団地建設の推進は先取りしていた、と言うことも出来そうである。

 同時代の九州の炭鉱で、広島の屋根職人たちは、炭鉱労働者住宅の屋根葺きに忙しかった、というわけだ。

 農村での生活も、農村を離れての炭鉱や都市の労働者としての生活も、どちらも大変に苦しいものであった。

 しかし、同時に彼らは、士農工商という身分制度からは解放された「国民」として、軍隊での暮らしを経験することになる。

 徴兵による軍隊での生活は、高学歴者には理不尽極まる世界であったにせよ、ぎりぎりの暮らしを余儀なくさせられていた農村出身者たちにとっては、衣食住にわたる保障の用意された場であったことも忘れてはならないだろう。

 明治期には、屋根職人たちの故郷は、中心に「軍都・広島」を抱くことになる。

 近代国家となった日本の軍事的中心のひとつとなるのである。

 昭和20年8月6日の広島の受難もそこに起因するわけだ。

 『藝州かやぶき紀行』には、家族を原爆で失ったことを語る、屋根職人の言葉も収録されていた。

 

 

 工業化・都市化との関連で、さらに国民国家、ナショナリズムと戦争・ジェノサイドの世紀における住宅問題の諸相を振り返ること

という『ドイツの労働者住宅』の著者の問題意識は、『藝州かやぶき紀行』の底流にも、さりげなく、共有されている。

 そのように言うことも出来るだろう。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2008/06/01 22:04 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/68662

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『藝州かやぶき紀行』への旅 2

 

 青原さとしの新作、『藝州かやぶき紀行』の東京での映画館上映初日に行って来た。

 東中野にあるポレポレ座。

 「出稼ぎモーニングショー」ということで、午前中、10時20分からの上映のみである(残念なことに)。

 作品自体は、5月3日に既に観ている(「『藝州かやぶき紀行』への旅」 http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/65725 参照)。

 再見して来たというわけだ。

 今日は初日ということで、上映後に、短い時間ではあったが、監督と武蔵野美術大学教授の相沢韶男教授のトークというオマケもついていた。なかなか傑作なひとときだった。相沢さんは、会津の茅葺き屋根に詳しい。

 会津の茅葺き屋根の研究者(…というような狭い専門領域に閉じこもるようなお方ではないので、人物紹介としては不十分な思いもあるけれど…)である相沢さんの視点と、広島の屋根職人のドキュメントの出会いからは、ますますの関心の広がりという形で、映画自体に映しこまれている様々な要素が引き出されていたという印象だ。

 一日かけて話を続けても尽きないだろうなぁ、という感じ。

 それも、狭い専門性の上に成り立つ大変に細かいお話、ではなく、日本の近代史への視点に始まり、縄文時代へと遡りうる程の射程を備えた日本列島の歴史と文化、それを形成した様々な人間集団への想像力をかきたてられる、実にエキサイティングな、視界の拡がりと射程の深さを同時に備えた話となっていた。

 それが実に短い時間の中での出来事。

 そもそも映画自体が、題材からは思いもよらないほどの、視野の広さと射程の深さを(さりげなく)備えているのである。何食わぬ顔をして、90分の映像中によくも詰め込んであるというくらい、様々な話題につながる要素が用意されているのだ。

 それも知識・データ・教養として提供されているのではないから、こちらに発見の楽しみがあるのである。観客は、知識を授けられるのを受身で待つのではなく、画面に映しこまれている様々な事物や語られる言葉の間から、埋め込まれているものを見つけ出すという、ワクワク感に満たされた時を過ごすことが出来る。

 広島の屋根職人は、出稼ぎをする人々でもあった。

 出稼ぎの背景には、出身地自体の問題、つまり狭い耕地という条件が存在していた。その土地で、農業に携わるという形での生計の維持の困難という背景である。海外移住者を多く生み出した土地でもある、ということだ。

 しかも、そこには、勤勉で創意工夫を楽しむという、職人としての信頼につながる気質を育むような風土もあったようだ。当然、出稼ぎ先の土地では歓迎されることになる。

 明治期に発展した出稼ぎ地のひとつに九州がある。

 炭鉱の労働者住宅の屋根葺きの需要であった。石炭産業こそは、日本の近代化を支えた基幹産業だ。

 炭鉱労働者としても、多くの広島人が九州に移り住んだというエピソードも紹介されている。

 近代化に伴う産業構造の変化と人間の移動の問題が、そこには埋め込まれているわけだ。

 そのように、炭鉱労働者の集団が定住すれば、周辺の農業産品の需要のあり方にも影響を与えることになる。様々な商品作物への需要が生まれることになうわけだ。いわゆる「近郊農業」の成立である。

 それは、農業による収入の増加として帰結する。豊かになった農家は、広島からやって来る屋根職人にとっては、新たな注文主として見出されることになる。

 そもそも屋根葺き自体は、それぞれの地元の共同体による、互助的な協同作業であったものだ。

 それが近代化の進展と共に、外部からやって来る職人の仕事へと変化する。

 外部からの出稼ぎ者を受け入れるのも、近代化にさらされた農村の選択であるし、外部への出稼ぎによる収入の維持も、近代化にさらされた農村では避けることの出来ないことであった。

 本来は土地と不離な関係にあるはずの、農業の場に、外部からの出稼ぎ者と、外部への出稼ぎ者という、二つの流れが生まれてしまう。土地の外からやって来る者と、土地の外へ出て行く者が農業の場に生じるのが、近代化の過程での農村の変化の一端ということになる。

 その上で、近代化の進展は、茅葺き屋根の存在自体に引導を渡すことになる。

 茅葺き職人への需要は、高度成長と共に、消えていくのである。

…というようなことが、データとして教科書的に提供されるわけではないのだが、広島の茅葺き屋根の職人の技術の記録映像に、しっかり埋め込まれているのだ。

 さりげないが、見事な近代史の記述だと思う。

 視野の拡がりと射程の深さの一例である。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2008/05/31 23:03 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/68565

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵野かやぶき紀行

 

 3時まで飲み続けてしまったおじさん二人が、朝からお出かけ。

 「江戸東京博物館たてもの園」を目指してサイクリング。

 青原監督には、申し訳ないが、娘の24インチマウンテンバイクにまたがってもらう。

 晴れた空の下、玉川上水沿いを、一路、小金井公園へと向かう。「一路」のつもりが、名刺を切らしたことを思い出した監督の要望で、コピー機のあるコンビニに寄り道。

 「たてもの園」到着。

 受付で、映画のチラシとポスターの掲示をお願いする。

 企画展を観てから、「たてもの園」内部へ。

 三井家の邸宅内の意匠に脱帽。

 目的の、かやぶき屋根エリアへと向かう。つい、屋根組みへと目が行ってしまう。三軒のお宅に次々と上がりこみ、畳の上で足をのばし、吹き抜ける風を味わう。

 ボランティアのガイドさんとの会話。

 その一人、父上が屋根職人だったという話。担当のかやぶき屋根の造りの悪さを力説。確かに、言われてみれば、よい出来とは言えない。言われてみなければ気付かなかっただろう。

 どこにどんな人がいるかわからないことを実感。

 そういえば、三井邸で出会ったガイドさんは、広島の生まれ。監督と話がはずんでいた。

 出会いの面白さ。

 モダンな写真館を見てから、高橋是清邸に上がり、うどんで一服。

 もう一軒の立派なかやぶき住宅を拝見し、看板建築エリアを一周。

 2時近くなってしまったので、切り上げて、一度自宅へと帰る。

 監督はパソコンで何やら検索。

 監督は、打ち合わせのため、バスで武蔵野美術大学へ。

 私は自転車で、仕事のため、ムサビへ。

 合流し、監督の忘れ物のケータイ充電器を無事届ける。

 後は、それぞれの時間となり、おじさん二人の旅(?)は終了。

 5月の空の下、贅沢な一日となった。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2008/05/08 21:57 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/66253

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『藝州かやぶき紀行』への旅

 

 小岩まで行って来た。

 メイシネマ映画祭、初日に、友人の青原さとしの新作、『藝州かやぶき紀行』が上映される。

というので、片道2時間。

 2時間の甲斐ある作品だった。

 広島の「かやぶき屋根」の話だ。実に地味な題材だ。

 それが実に面白い。

 かやぶき屋根職人の証言と作業風景、各地に残るかやぶき屋根の映像。それだけだ。

 それだけで1時間半。

 淡々とつないであるだけ、でもあるが、やはり抜群の編集感覚の賜物だろう。「広島のかやぶき屋根」というテーマから、実に様々な話題が引き出されているのである。

 この100年の日本の近代史が詰まっている。広島のかやぶき屋根というローカルな題材から、近代日本の歴史的経験が、見事に俯瞰出来てしまうのだ。

 職人さんたちへの取材から、広島県内のかやぶき屋根の葺き方にも、系統の異なる道具・方法があることがわかってくる。

 つまり、「日本文化」どころか、広島県内のかやぶき屋根をめぐる技術文化でさえも一様なものではないことが理解出来るのだ。

 一様なのっぺりしたものとしての日本文化理解への反証として見事なものだと思う。映像だから、それが「一目瞭然」なのである。

 また、広島県出身の屋根職人の仕事は県内にとどまらない。山口県を越えて九州は福岡まで。北は京都まで広がるという。それぞれの地で信頼され、それぞれの地に技術の伝播(後継職人の現地での養成)までしているのだ。

 山口県内の屋根職人(広島の職人の弟子)が、道具として使う刃物も広島のものがよいという話をしていたのも印象的だった。つまり、屋根葺きとは、屋根職人のみで出来ることではないのだ。

 材料となる良質なかや(ススキ)の入手も、屋根の出来に関わる。細い材がよいのだそうだが、毎年刈られていないと、細い材は得られない。

 それにしても、仕上げ段階での美しさへのこだわり。日本の職人の技術を支える精神を感じてしまう。

 そんなことを、山間の集落の四季折々の美しい映像と共に見、考えることが出来る。

 最初にデータがあって、それをまとめたような教科書的なつくりではない。

 取材を続け、様々な土地に出向き、人と出会い、話を聞く。聞いた話から、次の土地へと向かい、人と出会い、話を聞き…

 どこへ連れてかれて行くのか、映像を見る者に、終着点は予めわからないのだ。まるで取材に同行しているように、新たな出会いから新たな視野が開ける瞬間に、映像を見る私たちも立ち会わされてしまうのである。

 そして、文化とは、出来上がったものなのではなく、まさに生きている人間が作り上げていくものなのだということが実感されるのだ。

 かやぶき屋根の存在そのものが、そのように成り立っており、この『藝州かやぶき紀行』という作品そのものに、その精神が宿っているのである。

 守旧的な記録映像ではなく、説教くさい教育映像でもなく、拡がる世界にワクワクさせられる映像。青原マジックだ。

(『藝州かやぶき紀行』は、東京では5月31日より、「ポレポレ東中野」で上映される)

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2008/05/03 21:08 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/65725

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)