« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月11日 (金)

「あかり/AKALI」展(武蔵野美術大学美術館)を観る

 

 展示を通して何より衝撃を受けたのは、かつての「あかり」の暗さであった。そこにあったのは、まさにかつての世界の「暗さ」を「目の当たりにする」経験である。

 

 

 企画は、平成25年に武蔵野美術大学 美術館・図書館が一般財団法人山際照明造形美術振興会より譲り受けた、広瀬二郎氏収集の灯火具コレクション(約1300点)を広く一般に公開することを目的としたものだそうで、3つの展示室で構成されている。

 それぞれにテーマごとに展示が構成されており、「あかりの世界」として日本の「あかり」の歴史の全体像が示され、「あかりのデザイン」として日本の「あかり」の特質を象徴する器具がピックアップされ、「あかりの感覚」として日本の歴史の中で経験されてきた「あかり」の明るさ(あるいは暗さ)を体感することになる。前二者は展示がそのままコレクションの紹介にもなっているが、「あかりの感覚」の展示は、コレクションにある様々な照明器具の実際の「明るさ(あるいは暗さ)」を体感すると同時に、その照明器具の「明るさ」に規定されたかつての日本の室内空間の特質を示し、更にその中に絵画や彫刻、茶道具等の美術作品(現代では「美術作品」と総称されてしまうが、もちろん、歴史的に言えば、そのようなカテゴリー自体が近代に輸入されたものでしかない)を置くことで、当時の空間にある「あかり」の中でどのように見えたかを体感するように構成されている。

 

 その「あかりの感覚」の展示室は更にいくつかに分割され、導入部の後に続くのが、当時の闇の暗さ(新月の夜の闇)を体感することから始められ、障子越しの光や、行灯の明るさ(暗さ)を体感し、浮世絵の中での光の描かれ方や、「枕草子」の記述を視覚的に経験することで構成されたコーナーであった。

 そこは入り口と出口が暗幕で仕切られており、まず「闇」が何であるかを知ることが出来る。自身の手を目の前にかざしても、何も見えないのだ。そして行灯である。

 実は、私は三回も展示に通ったのだが、最初は衝撃。二回目はその再確認。三回目は、書棚にあった和書(和綴じ本―ただし江戸期のものではなく手近かにあった明治初期の教科書を用いたが、問題は文字のサイズなのでそれでよしとした)と戦前の岩波新書(現在より活字が小さい)を持ちこんで、実際に行灯の光で読めるのかどうかの確認をした次第。結論としては、読むのは難しい。もちろん、行灯の明るさ自体、ある程度は調節可能(灯心の数を増やす等、あるいは有明行灯のように構造上の工夫による直接光と反射光の利用)であり、かつても読書時には今回の展示とは異なった光量であった可能性もあるが、しかし暗いことにはかわりはない。

 いずれにせよ、水戸黄門(テレビドラマの話だが)の室内空間の明るさは虚構であり(エンタメ作品を責める必要はないが)、実際の水戸光圀公が『大日本史』の編纂作業を始めた頃の読書空間の明るさは、この行灯の明るさ(暗さ)から想像する必要がある、ということになるだろう。

 その先の展示コーナーでは、谷中の茶室寿庵の室内空間が再現され、そこに上り込んで、夜明けから日が沈み灯火の下に至るまでの茶室内の光の在り方の移ろいを体験出来るようにもなっている。

 日の移ろいと共に、障子越しの光の差し方も変化し、日中の光と朝夕の光の質的変化までもが体感出来る。その上で、灯火が点される日没後の世界となる。こちらは和紙を通した透過光であった行灯とは異なり、蝋燭の直接光なので、読書には行灯ほどの難はない。しかも、光源が室内の低い位置なので、床上あるいは膝上(そして書見台上)での読書には適したものと言い得る。この光源の位置は、日中の座位に対しては高めの位置の障子越しの光とは異なり、茶道具を用いて茶をたてる手元に意識を集中させることにも役立つ(逆に顔の表情は見えづらくなる)。

 そんな経験を通して、現代の感覚からは想像し難い、かつての日本の室内空間の在り方が見えて来るのである。かつての視覚的経験の世界を、視覚的経験を通して体感する(目の当たりにする)のである。

 それに関連して、「あかりの感覚」展示の中で興味深かったのは、高い位置に光源のないかつての日本の室内空間の中での屏風や襖絵の金の意味(反射光の創出)であったり、浮世絵の陰影のないフラットな表現(輪郭線と面で構成された画面)と暗い室内(日中でも現代感覚からすれば暗いし、日没後には、これまで述べた通りの環境となる)での鑑賞の関係性の指摘であった。

 また、東大寺の「お水取り」だったり、様々な民俗行事などの祝祭的空間での「かがり火」の明るさの持つ意味の性格(夜の闇が当たり前の世界の中での、まさに非日常なのである)。かつての屋内空間の中での仏像彫刻や宗教画の見え方についても深くは考えたことなどなかったし、そこに一貫している座位を中心とした振る舞い方についての重要性についても同様である(光源の位置や座位との関連については「あかりの世界」の中でも示されている)。

 

 そんな視覚的経験を通った上で、あらためて広瀬二郎氏のコレクションに接する。それが単なる今では貴重となったモノのコレクションであることから、かつての日本の空間感覚を宿した道具のコレクションであることに思い至る。

 

 

 教科書的知識としては、たとえば明治になってのガス燈の明るさに驚嘆する当時の人々については十分に知っていたつもりなのだが、それがあくまでも机上の知識に過ぎなかったこと―ガス燈以前の「闇」の深さへの想像力の至らなさ―が暴露される展示でもあった。

 また、そんなガス燈の輸入があり、その後の電化による電燈というより明るく扱いやすい光源(スイッチ一つで点灯・消灯が可能なのだ)を手に入れ、少なくとも都市部での普及には成功した20世紀の日本が、「先の大戦」の際には「灯火管制」により再び「闇」の世界に戻り、更に空襲によるインフラ破壊により「停電」による「闇」を経験することになる。戦時日本は、昂揚される戦意の一方で、(比喩ではなく)実質的に「闇」を体験する世界となっていたことになる(戦後の蛍光灯による明るさの標準化も、戦時の「闇」体験の反動という一面もあるのかも知れない)。

 もちろん、インフラ破壊がもたらされるような大災害時には再び「闇」の支配する世界となるわけで、それと隣り合わせなのが、私たちの享受する明るい日常なのだ。

 

 

 

 かつての「闇」と、その中での「あかり」の明るさ(暗さ)を「目の当たりにする」ことで、様々な思いに導かれる。

 そのような実に秀逸な展示であった(ただし、11月12日で終了してしまう)。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2016/11/11 20:25 → http://www.freeml.com/bl/316274/289160/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

『シン・ゴジラ』(2016)をついに観た

 

 タイトル通りの話で、11月3日に立川の映画館の「極上爆音上映」企画の上映を観たのであった。

 

 永田町、霞が関方面壊滅後の政府対策拠点となるのが、まさに立川ということで、後半のシーンではどこか臨場感のようなものが感じられたりもするのであった。

 

 

 以下、レビューというよりネタバレ前提の感想文程度の内容となってしまうだろうが、ま、とりあえずのメモ記事である。

 

 

 

 パートナーはなんとこれで4回目の上映館通いという具合(娘も少なくとも2回以上)で、家庭内の会話、ネットで眼に入ってしまう情報等から、映画の全体構成を事前に知ってしまうという理不尽な状況の中での『シン・ゴジラ』だったので、で、事前に知ってしまった通りにストーリー展開するような状況でもあって、初めて見るのに既視感に伴われるという、純粋に映画を楽しむためにはマイナス条件の中での感想文となってしまうわけだ。

 

 

 で、既に観てしまった人向けの内容として、詳しいストーリーの説明はせずに、感じたことを書き連ねておく。

 

 

 で、噂通り、映画のかなりのシーンが、政府の対策会議での政府関係者間のやり取りに費やされている。

 日本の行政システムは法令順守を基本に組み上げられているから、原因のよくわからない災害(最初は海底トンネルの崩落)対策のための対応にしても、そのために新たな組織が必要がどうか等々の検討が必要となるし、新たな組織の立ち上げには閣議決定が必要となるし、閣議決定や省令や通達で可能な対応範囲を超えれば新たな立法措置も必要となる。そのために政府閣僚を含む政治家側の関係者(決定を下す人々)と、実際に行政組織を運営する官僚(決定を実行する人々)の意思疎通が重要であり、しかも状況は時々刻々変化していくのだ。

 その都度の決定権者が誰であり、どの部局が対応に当るのかもまた、その都度の様々なレベルの会議で、法令に定められた通りに決められなければならない。

 ゴジラの登場は、そんな日本の政治行政システムを揺さぶり続けるわけであり、その間のあたふたぶりが笑いを誘うのであった。映画ではまったく描かれていなかったが、「特別立法」は立法府(国会)の審議・承認なしには成立しないわけで、映画の背後では、国会内の様々なやり取り(野党の抵抗とか)もあったはずで、そんな経緯も取り込んだヴァージョンを観たい、という無茶な個人的要望が(正直なところ)生まれたりもしている。

 

 映画ではあまり描かれていなかったと思うが、官僚組織は(そして政治家という人種も)、常に自らの権限の拡張を志向すると同時に、権限の限定により責任から逃れる方策を確保しておこうとするという、相反する傾向への際限のない努力をその習性としている。ゴジラ問題を誰の、そしてどの組織の所管とするのか?これは当事者にとって悩ましい問題となったはずである。映画冒頭からしばらくの間は、事態への楽観が支配し、その点についてはそう深刻にならずに済んでいたはずだが、事態が深刻さを増すに従い、他の部局・組織に任せ、自らは責任を負わずに済ませよう的心理が支配していくことになったであろう。

 

 

 そんな中で立ち上げられるのが主人公率いる「巨災対(巨大不明生物特設災害対策本部)」である。各部門のエキスパートを組織横断的に結集した、と言えば聞こえがいいが、実態は「霞ヶ関のはぐれ者、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、学会の異端児」の集まりであると(映画の中でも)説明されている。

 要するに、高い専門能力は持つが、組織への適応能力が低く、出世とも無縁な連中という設定である。

 これは、戦争アクション映画の王道設定のひとつでもあり、『シン・ゴジラ』はその枠組みの中で進行する、「闘う行政組織アクション映画」として位置付けられる、ということだ。

 

 映画ラストあたりでの「日本はまだまだやれる」的セリフにしても、その「まだまだやれる日本」を支えたのは、民衆でもなく主流派エリートでもなく、「はぐれ者、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、異端児」であったことは、この映画を評価する上で非常に重要な構図だと、私は思う。

 

 このセリフを含めて、自衛隊の活躍が描かれていること等に対し、サヨクの皆さんからの『シン・ゴジラ』の評判は悪いらしいが、サヨクの皆さんは、日本を救うのが国内の「はぐれ者、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、異端児」であるという設定を見落としているのではないか、そう思わぬでもない。行政組織アクションとして、それも「はぐれ者、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、異端児」が中心となった行政組織アクションとして、要するにただただエンタメとして楽しめばいい(エンタメのしてのレベルが低いというのならともかく)のに、誰でも言えそうな形式主義的批判をしていい気になっている(ように見える)のはアホくさい話である。

 

 

 

 で、問題の自衛隊だが、戦闘部隊はゴジラに歯が立たないのである。最終的にゴジラを倒す決定打となるのは工兵部隊(その中の特殊車両部隊)なのである。

 この設定の意味も、もう少し考えてもいいんじゃないかと思う。

 

 自衛隊の戦闘部隊の保有する対戦車兵器も、対航空兵器も、それぞれの(本来の)用途には有効であっても、ゴジラはあまりに巨大で堅牢であり、それらの兵器の口径(あるいはミサイルのサイズ)では太刀打ち出来ない(まったくダメージを与えられない)、ということなのだ。

 ここで気付かなければならないのは、自衛隊の保有するのは、何だかんだ言いながら、(国境線を含む)自国内での敵戦闘力への防御兵器だということで、国外での敵の殲滅には不向きな編成だということである。地中貫通型爆弾の投入でゴジラにダメージを与えたのは米空軍爆撃機なのである。米軍の国外での対敵戦闘能力の象徴のひとつが、この地中貫通型爆弾なのであり、単なる対人兵器でも対戦車兵器でも対航空兵器でもなく、敵の軍事インフラそのものを攻撃するもの(そして民間施設を「誤爆」するもの)なのだ。

 

 これも自衛隊プロパガンダ扱いをされてしまうのかも知れないが、しかし、『シン・ゴジラ』が正確に描いているのは、対外軍事作戦の主力たり得ない自衛隊の姿であり、自国防衛に特化した兵器により編成された自衛隊の姿なのである。もちろん、米軍の「お伴」として米国による対外的軍事作戦の一環を担うという選択肢は残されてはいるわけだが。

 

 で、先に指摘した通り、犠牲を出しながらもゴジラにとどめを刺すのは、同じ自衛隊の中でも工兵部隊なのであり、その際の主力となるのがコンクリート注入用の特殊車両(あの福島第一原発の顛末と同様に)なのだ。そしてその際の薬剤を短期間で供給し得た化学メーカー(その現場の人々の努力・集中力)なのである。

 

 

 

 自衛隊礼賛プロパガンダ映画として(誰でも出来るような)批判をしていい気になるよりは、エンタメとして楽しんだ上に、このようなディティールに着目して楽しむ。

 

 そういう知的余力を備えていた方が人生は楽しめる、んじゃないかと…

 

 

 

 もっとも、最終的にゴジラを倒した(というか凍結した)「ヤシオリ作戦」の経過は、あまりに上手く行き過ぎな印象もあって(あそこまで計算通りにはいかんでしょう、フツー)、リアリストである私には多少の違和感がなきにしもあらずではあるのだが、あそこで成功させないと映画が二時間の枠に納まりきらなくなるという「大人の事情」も理解するので、特に文句を言おうとも思わない(もっとも、娘は二回目の映画館で、「今度は失敗するかも知れない」的気分で見守っていたという話なので、「常にあんなに上手く行くわけはない」的気分は、私と共有されていたようである)。

 

 

 映画館を後にした私とパートナーはビデオ・レンタル店に立寄ったのだが(パートナーがゴジラの旧作チェックを思いついたため)、私が借り出したのは(ゴジラとは関係ない)「鷹の爪」シリーズのアニメDVDで、タイトルは『独立愚連広報部』。この中に、「存在するかも知れないUFOに対する自衛隊出動の法的根拠」を首相に問う石破防衛大臣(福田内閣当時)の姿があって、『シン・ゴジラ』の会議シーンと重なり(そして、『シン・ゴジラ』をめぐる石破氏当人の発言と伝わるもの―ゴジラへの自衛隊の出動は「防衛出動」じゃなくて「災害派遣」の「害獣駆除」であるべきはず―までが思い出され)、あらためて「鷹の爪」の監督フロッグマン氏への敬意も高まったのであった。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2016/11/05 16:41 → http://www.freeml.com/bl/316274/288765/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »