« 独立した英国の帰結としての分裂する英国 | トップページ | Evil Mickey attacks Japan (モモタロウvsミッキーマウス 1936) »

2016年7月 9日 (土)

参院選、マジかよ!? (2016)

 

 

 まず、こんな画像から…

 

 

 

 

 

 

 その島根県が…

 

 

 都市と地方の「1票の格差」を是正しようと、今回の参院選から憲政史上初めて導入された合区制度。人口減少の著しい鳥取と島根、徳島と高知の各選挙区が、隣県同士でそれぞれ統合された。候補者の肉声を聞く機会を奪われたと感じ、冷めた目を向ける有権者もいる。「切り捨てられた結果だ」。地域の事情より、格差是正を優先した国政に対する有権者の不信感は募る一方だ。

 改選数1の徳島・高知と、同6の東京の1議席当たりの面積は約30倍の開きがある。この点について、徳島県の飯泉嘉門知事は「合区では、有権者が生の候補者を見ないまま投票せざるを得ない。大都市部では毎日候補者と会える。これで本当に平等なのか」と疑問を呈する。
 今回、選挙区候補として地域代表を出せなかった高知県の尾崎正直知事も「一言で言うと、合区の範囲が広すぎる」と問題点を指摘し、「やはり合区は一時的な制度、変更しなければならない制度だろうなと思う」と早期の解消に期待を示す。
 鳥取・島根でも事情は同じだ。公示日の朝、鳥取県に候補者の姿はなく、候補者3人全員が島根県で第一声を発した。鳥取県西部で個人演説会を開いた陣営の関係者は「みんな(候補者の)顔が見えないと言う。集会を1時間できただけでも良かった」と複雑な表情を浮かべた。
 離島の島根県隠岐郡4町村にも公示後、候補者は一人も訪れていない。その一つ、海士町にIターンし、県立隠岐島前高校の県外生徒募集に取り組んできた岩本悠さん(36)は「離島の声が届きにくくなるのではないか」との懸念が拭えない。
     (時事通信 2016/07/07 14:46)

 

 

 

 

 

《画像資料:島根と鳥取》

 

 

 

 

 それでもこれまでの島根は…

 

 

《映像資料:島根都構想》

吉田くんによる非公式島根CM「都構想」篇 https://www.youtube.com/watch?v=BuHfR8GvUsI

 

 

 

 今後は、「鳥取も一緒に都構想!」と言うしかなくなる、のだろうか?

 

 

 

 「一票の格差の是正」を口実とした島根と鳥取の「合区」、これもまた、中央による(あるいは東京一極集中を自明の前提とした)地方の切り捨てなのである。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2016/07/09 18:59 → http://www.freeml.com/bl/316274/279746/

 

 

 

|

« 独立した英国の帰結としての分裂する英国 | トップページ | Evil Mickey attacks Japan (モモタロウvsミッキーマウス 1936) »

20世紀、そして21世紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/66426205

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選、マジかよ!? (2016):

« 独立した英国の帰結としての分裂する英国 | トップページ | Evil Mickey attacks Japan (モモタロウvsミッキーマウス 1936) »