« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月10日 (日)

Evil Mickey attacks Japan (モモタロウvsミッキーマウス 1936)

 

 今回ご紹介するアニメのオリジナル・タイトルは、『オモチャ箱 シリーズ第3話 絵本1936年』(1934年 J.O.スタヂオ製作)である。戦前(昭和9年)の日本製アニメだ。

 動画サイトには「Evil Mickey attacks Japan - A 1936 japanese animation」としてアップされていたりする(別の投稿者によりオリジナル・タイトルでもアップされている→ https://www.youtube.com/watch?v=EpIxwiQUWFo)が、こちらの方が、オリジナルのタイトルより内容を的確に伝えるものとなっているようにも感じられる。

 

 

 舞台は平和な南洋の島。米国アニメを代表するキャラクター、あのフィリックスにしか見えない主人公を中心に(当時の用語で言えば「土人」の姿もある―大日本帝國による南洋の信託統治の反映だろうか)様々なキャラクターが楽しく暮らしている島の上空に現れるのが、やはり米国アニメを代表するキャラクターであるミッキーマウスにしか見えない敵役である(まさに「Evil Mickey」なのである)。

 「Evil Mickey」は陸上のヘビ部隊や海上のワニ部隊を従え、降伏要求に従わないフィリックス(にしか見えない主人公)たちの島を攻撃する(「Evil Mickey」自身はコウモリ・キャラの航空部隊を率いている)。島民は絵本の中のモモタロウに支援を求め、やがて日本昔話の主人公総動員での「Evil Mickey」の軍勢との闘いとなる。

 

 

 

Evil Mickey attacks Japan - A 1936 japanese animation https://www.youtube.com/watch?v=icVu-acHlpU

 

 

 

 「猿蟹合戦」のサルもカニも(そして臼も)共に進軍(こちらは陸軍のイメージが重ねられている)し、亀の背中に乗り一寸法師艦隊(もちろんこちらは海軍のイメージであろう)を従えて進撃する浦島太郎が掲げるのは東郷平八郎の「皇國興廃在此一戦」である(バックに流れる軍歌メロディーも陸軍シーンと海軍シーンで使い分けられるなど、芸も細かい)。1934年作品なので、爆弾三勇士(1932年の第一次上海事変時のエピソード)を思わせる突撃シーンもあれば、サルとカニを搭乗させた臼が戦車(当時の最新兵器)に変身して活躍したりもする。「Evil Mickey」の率いる航空部隊を空中で攻撃・撃退するのも「猿蟹合戦」登場キャラ昆虫のハチ部隊であり、戦闘が陸海空で展開されるものとして描かれていることも注目点であろう。雲の上でのモモタロウと「Evil Mickey」との直接対決(ミッキーの身体は大きい)を経て、地上に墜ちた「Evil Mickey」は浦島太郎の玉手箱攻撃によって急速老化し無力化されてしまう。

 花咲か爺さんにより「Evil Mickey」に対する勝利は祝福され、咲き誇る花の下で島民が踊るのは東京音頭(こちらは1933年にヒット)である。

 で、メデタシメデタシという展開。

 

 

 信託統治下の平和な南洋の島を、米国の象徴である「Evil Mickey」が襲い、「日本昔話」軍団の活躍により侵略は撃退される(米国の攻撃の対象は日本本土ではない)。しかし、島の住民代表的な地位にいるのも米国アニメキャラのフィリックスそっくりさんなのであった。その意味で、作品としては、米国=敵という構図で一貫しているということでもないだろう。

 

 

 

 いわゆるネトウヨ方面では中国=パクリ大国ということになっているが、確かに著作権に寛容な時代(パット・サリバンによるフィリックスの登場は1919年であり、ウォルト・ディズニーのキャラクターであるミッキーマウスの登場は1928年)だったとはいえ、日本のアニメの歴史も米国アニメのパクリと無縁ではなかったことをも教えてくれる作品である…と指摘するのも野暮な話ではあるが、(日本の「近現代史の真実」を考える上で重要な認識でもあるので)この機会に再確認だけはしておこう。

 

 

 

 動画としての仕上がりも上等だし、ストーリーとしても十分に楽しめる、戦前日本アニメの実力を感じさせる作品だと思う(1934年の作品なのにタイトルが「絵本 1936年」となっている理由は、今のところわからない)。

 

 

 

《オマケ:本家米国の1936年製作のフィリックス・アニメ》

Felix the Cat: The Goose That Laid the Golden Egg (1936) (cartoon) https://www.youtube.com/watch?v=MMetcqOBtr8

 1936年、既に米国ではアニメの世界も総天然色になりつつあったのである(「昭和11年のシンデレラ(シボレーのシンデレラ)」も参照)。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2016/07/10 21:09 → http://www.freeml.com/bl/316274/279822/

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

参院選、マジかよ!? (2016)

 

 

 まず、こんな画像から…

 

 

 

 

 

 

 その島根県が…

 

 

 都市と地方の「1票の格差」を是正しようと、今回の参院選から憲政史上初めて導入された合区制度。人口減少の著しい鳥取と島根、徳島と高知の各選挙区が、隣県同士でそれぞれ統合された。候補者の肉声を聞く機会を奪われたと感じ、冷めた目を向ける有権者もいる。「切り捨てられた結果だ」。地域の事情より、格差是正を優先した国政に対する有権者の不信感は募る一方だ。

 改選数1の徳島・高知と、同6の東京の1議席当たりの面積は約30倍の開きがある。この点について、徳島県の飯泉嘉門知事は「合区では、有権者が生の候補者を見ないまま投票せざるを得ない。大都市部では毎日候補者と会える。これで本当に平等なのか」と疑問を呈する。
 今回、選挙区候補として地域代表を出せなかった高知県の尾崎正直知事も「一言で言うと、合区の範囲が広すぎる」と問題点を指摘し、「やはり合区は一時的な制度、変更しなければならない制度だろうなと思う」と早期の解消に期待を示す。
 鳥取・島根でも事情は同じだ。公示日の朝、鳥取県に候補者の姿はなく、候補者3人全員が島根県で第一声を発した。鳥取県西部で個人演説会を開いた陣営の関係者は「みんな(候補者の)顔が見えないと言う。集会を1時間できただけでも良かった」と複雑な表情を浮かべた。
 離島の島根県隠岐郡4町村にも公示後、候補者は一人も訪れていない。その一つ、海士町にIターンし、県立隠岐島前高校の県外生徒募集に取り組んできた岩本悠さん(36)は「離島の声が届きにくくなるのではないか」との懸念が拭えない。
     (時事通信 2016/07/07 14:46)

 

 

 

 

 

《画像資料:島根と鳥取》

 

 

 

 

 それでもこれまでの島根は…

 

 

《映像資料:島根都構想》

吉田くんによる非公式島根CM「都構想」篇 https://www.youtube.com/watch?v=BuHfR8GvUsI

 

 

 

 今後は、「鳥取も一緒に都構想!」と言うしかなくなる、のだろうか?

 

 

 

 「一票の格差の是正」を口実とした島根と鳥取の「合区」、これもまた、中央による(あるいは東京一極集中を自明の前提とした)地方の切り捨てなのである。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2016/07/09 18:59 → http://www.freeml.com/bl/316274/279746/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »