« 河童の起源は韓国 2 | トップページ | 『まちや紳士録』(2013)と『鳥の道を越えて』(2014)を観る »

2015年4月28日 (火)

再び「ふくしまの話」を聞く

 

 先週の日曜日は、「ふくしまの話を聞こう 4」と題されたイベントの参加者となっていたのであった。

 第2回に当たる一昨年の会にも参加している(「ふくしまの話を聞く」参照)が、あらためてあの原発災害の発生から4年が経過したこと(4年という時間の経過の事実、その長さと短さ)を感じさせられた。

 

 

 

 当初から私の周囲では、物理現象には人間の気持ちは通用しないから(原子炉冷却不能状態を放置すれば、それこそ「粛々」と炉心溶融に至るように)厄介なのであり、しかし一方で(放射線被害の危険性についてもやはり)物理現象である以上、人間の気持ち(不安)に関係なく数値化可能であり、現状がどの程度危険であるのかも判断可能なのだという認識(放射能の危険は目には見えないが、放射線量は測定可能なのである)が共有されていたのだが、「世間」はそうではなかったわけだ。

 一昨年の段階では(一部ではいまだに)、福島(その全域が一様に、そしてあらゆる福島県産農産物も)は放射線被害で非常に危険な状態にあるのだ(実際には福島県どころか東北地方全域が高濃度汚染地帯であるかのように取り扱われていた)という主張がされていたし、福島に住むこと自体が批判(どころか攻撃的な非難というのが現実であった)されるような事態に見舞われていたのである。そのような状況下で、一昨年の第2回に当たる会が開催されたわけだが、チェルノブイリとの比較等を通して、福島県全域が一様に(そして福島県の全農産物が)、住めないような(食べられないような)状態にあるのではないことを説得力を持って主張するための努力に、会全体が費やされていたような記憶がある。

 

 

 それに対し、今回の講演者三名の話からは、既にそのような段階が過去のものになりつつあるような印象を受けた。無責任な福島県全域危険地帯論や福島県産全農産物危険説に対する積極的防戦の段階が、既に過去のものになりつつあるように感じられたのである。

 三名はそれぞれ立場は違うが(一人は行政の現場で対応に当たる公務員であり、一人は嫁ぎ先で育児の渦中にある母であり、一人は夫と共に定年後の人生を農業経営に踏み出そうとする女性であった)、福島県内の住民として原発災害に直面させられ、手探りの状態から対応を始め、攻撃的な福島県全域危険地帯論(そこでは福島に住み続けること自体が犯罪的だとされた)や福島県産農産物危険説への対処を迫られ(そこでは、まず、そのような現状評価が果たして正当なものなのかどうかを自ら考えることから始めなければならない)、最終的に(地域に)住み続け(農作物を)生産し続ける判断をするまでの逡巡・葛藤・自問自答と試行錯誤の中での対応策実践の日々が語られたのであった。そこではまさに自己責任として(もちろん、その前に自己決定として)、様々な判断がなされ、様々な対応策が取られたのである。とにかく日本史上初の事態の中で、つまりこれまで誰にも経験されなかった事態の進行していく中で、自身の判断が問われたのであった。

 4年が過ぎ、多少の回顧的な雰囲気も交えながら(4年間の実践の中で、その余裕も生まれたわけだ)、当初から現在までのそれぞれの経験が語られたわけである。

 

 

 一昨年の会では、聴衆としての私も積極的防戦という雰囲気を共有していたのを思い起こすが、この4年間で情勢は確かに変化したということなのだろう。

 もちろん、今でも(原発再稼働を掲げる現政権によってさえも)居住を許されないレベルの高線量の地域は存在するし、福島第一原発での汚染水流出がいまだに続いている(これを「アンダーコントロール」とはどういう意味だ?)状況は直視しなければならない現実なのであって、要するに原発災害の深刻さを指摘しようとするならば(そして「反原発」の主張をしようとするならば)、それだけでも既に十分に原発の過酷事故のもたらした災厄に対して(原発再稼働を掲げる現政権でさえ)「お手上げ」状態にある事実を示す話なのであり、過度に福島県全域危険地帯論を主張したり、低線量被曝の危険性を過大に強調する必要などない(なかった)のである。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2015/04/26 22:07 → http://www.freeml.com/bl/316274/244473/

 

 

 

|

« 河童の起源は韓国 2 | トップページ | 『まちや紳士録』(2013)と『鳥の道を越えて』(2014)を観る »

20世紀、そして21世紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/59801646

この記事へのトラックバック一覧です: 再び「ふくしまの話」を聞く:

« 河童の起源は韓国 2 | トップページ | 『まちや紳士録』(2013)と『鳥の道を越えて』(2014)を観る »