« 『311』(2011)をやっと観る (対談:安岡卓治×松江哲明) | トップページ | 「テロとの戦争」と「平和ボケ」 1 (戦争と最高指揮官の危機管理能力) »

2015年1月25日 (日)

敵の味方は敵

 

 政治学的認識のイロハみたいな話だと思うが、

 

 

  敵の敵は味方

 

  敵の味方は敵

 

 

…という構図がある。

 

 利害において対立する集団間での利害の調整過程を政治と呼び、利害の対立する集団を敵と位置付け、利害において一致する集団を味方と見做す。

 

 

 

 日本国の首相が「イスラム国(IS)」を敵と見做している国家を歴訪し友好関係を誇示してしまえば、(「イスラム国」の側からすれば)「イスラム国」の敵の味方として見做されることになるのは当然過ぎる話である。つまり「イスラム国」から日本は敵として見做される(しかも歴訪諸国への援助名目を「シリア難民対策」で済ませればよいところで、わざわざ「イスラム国」を名指してしまったのは致命的である→「註」を参照)。

 その際、昨年来、「イスラム国」の人質とされている日本人がいる以上、彼らが「イスラム国」に利用される(日本国への脅迫材料とされる)ことを想定するのも当然過ぎる話であるはずである。

 

 ここ数日間の日本政府の対応を見ていると、どうも現状が想定外であったように感じられる。

 これは政府の(もちろん安倍氏の)無能を意味することになる。今回の要因の一つは、確かに、危険性が明確であった現地に自身の意志で滞在していた個人の存在ではあるが(その意味で彼らの「自己責任」はあるが)、しかし日本国首相としての安倍氏の不用意な言動が直接的な引き金となった事件なのである。公人としての安倍氏の責任は重い。

 もし、現状が想定内であったとすれば、安倍氏の率いる日本政府は日本国民の生命の安全に関心を持っていないということを意味する。あるいは、現状を想定し、わざわざ日本国民の生命を危険にさらした上で、「集団的自衛権」だの「積極的平和主義」だのの正当化のチャンスとして利用することを目論んでいたとすれば、安倍氏は有能と言えるのかも知れないが、国民として喜ぶべき話ではない。

 

 安倍氏が、「イスラム国」に対して中立的立場にあることを示そうとすることによって人質の解放を目指そうとするならば(それ以外に方法はないように見えるが)、安倍氏が歴訪した国々(そして何より米国)の政権の基本姿勢に反する結果となる。「イスラム国」は国際法秩序の敵そのもの(武力で国境線の変更を求める勢力なのであり、保護すべき外国人―少なくとも捕虜として取り扱うべき外国人―を人質として利用するテロリスト)なのだということを、そのように各国から位置付けられているのだということを安倍氏は肝に銘じていなければならないはずだが、実際の安倍氏はどのように考えていたのだろうか? あるいは何も考えていなかったのだろうか?

 

 

 安倍晋三氏の新たな謎、である。もっとも、日本国民に支持されて日本国首相となった安倍氏を、日本国民の知的レベルの代表と考えれば腑に落ちる話でもあるが。 

 

 

 

【註】
 たとえば外務省の広報ページには、以下の一節を含む「アル・アハラーム紙(エジプト)による安倍総理大臣インタビュー(2015年1月17日付)」が掲載されている。インタビュー中で、安倍氏は次のように語っているのだ。

  現下の中東地域は,既存の国際秩序に挑戦する過激主義勢力が台頭するなど,かつてない困難に直面しているとの深刻な危機感を私は持っています。特に,イラク及びシリアにおいて国境を越えて勢力を拡大するISILは,国際社会の重大な脅威です。
     (http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page22_001772.html

 

 

 

〔追記:2015年1月27日〕
 その後、日本政府も「イスラム国」による湯川氏殺害情報を確認する展開となってしまった。

 あらためてこの記事での論点を整理すれば、問題の焦点は、

  日本政府にとって現状が想定内であったのかどうか?

…という点にある。

 もし現状が「想定外」であったらまったくもってお粗末な話であるし、もし「想定内」であったとするならば、日本政府(安倍政権)は国民の生命をわざわざ犠牲にする(人質とされた日本国民を見殺しにする)前提で行動していたことになる。
 「イスラム国」について言えば、(武力により国境線の変更を目論み、保護すべき外国人を人質として身代金を要求し、受け入れられなければ―拘束を続けるのではなく―殺害する)国際法秩序の敵なのであって、つまりあらゆる国家体制にとって敵と見做される存在である。「イスラム国」を容認しないのは国際的常識と考えるべきであり、その意味で、日本政府は国際社会との協調を表明したわけで、そのこと自体に特に問題があるわけではない。

 ただ、「イスラム国」に拘束されている日本国民がいる以上、彼らが人質として利用されることは想定しておかなければならない。
 各国への援助を「シリア難民支援」とだけ言えば済む話なのであって、歴訪先でわざわざ「イスラム国」を名指しする必要はない。

 歴訪先での言動がすべて意図的であるのならば、つまり現状が想定内であるのならば、現日本政府は、政権の政治的利益のためになら、平気で日本国民の生命を意図的に犠牲にすることをためらわない人々ということになる。
 現状が想定外であったと主張するなら、政治的に未熟過ぎるということなのである。

 この点を日本国民が理解しているのかどうか?
 (「政治」には本質的に冷酷なものであらざるを得ない側面があるにしても)安倍氏は覚悟の上で意図的に現状を作り出したのかどうか?

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2015/01/24 21:23 → http://www.freeml.com/bl/316274/237525/

 

 

 

|

« 『311』(2011)をやっと観る (対談:安岡卓治×松江哲明) | トップページ | 「テロとの戦争」と「平和ボケ」 1 (戦争と最高指揮官の危機管理能力) »

ウヨク、サヨク、そしてリベラル」カテゴリの記事

20世紀、そして21世紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/58695849

この記事へのトラックバック一覧です: 敵の味方は敵:

« 『311』(2011)をやっと観る (対談:安岡卓治×松江哲明) | トップページ | 「テロとの戦争」と「平和ボケ」 1 (戦争と最高指揮官の危機管理能力) »