« 産経の捏造 3 (橋下徹氏と「河野談話」) | トップページ | 昭和21年5月23日 »

2014年4月 1日 (火)

河童の起源は韓国

 

 韓国民明大学の金大言教授が、「日本の河童の起源は韓国にある」との見解を発表したのは昨年の4月のことであった(「朝鮮文物」 2013年4月1日)。

 

 金教授によれば、韓国南部の5世紀の古墳の線刻画に、「日本の河童の起源がある」のだという。

 大洞古墳群の第4号墓の石室南壁面の線刻画にある神獣Bが、これまで考えられていたように鳥としてではなく、「河童」の起源に相当する造形的特徴を備えたものとして見るべきだというのが、金教授の主張であった。頭部下方前方のカモのクチバシ様の突起の形状から、従来は(カモのような)鳥類の頭部を備えた人型の神獣像と解釈されてきたのに対し、金教授は頭部の形状を「河童」として考えることを提唱したのであった。

 金教授によれば、足の水掻き様の形状も、これまでのように水鳥のものとしてではなく、水陸両生生物としての河童のものとして理解すべきなのだという。また、突出した背部の造形もまた鳥類の羽根としてではなく、亀の甲羅を表現したものと考えるべきなのだということである。

 その後、同僚の李自大教授により、大洞の北方の宇楚近郊の民間信仰の対象として知られていた鳥頭の石像と、大洞の第4号墳の神獣Bの形態的類似が指摘され、宇楚の石像も本来は河童のものだったのではないかとの問題提起がされた。李教授によれば、韓国には河童信仰の伝統もあった、ということなのである。

 

 

 しかし、その後の日本の学界の反応は冷淡なものであった。

 

 

 韓国ウォッチャーとしても知られ、日本の考古学会の動向にも詳しいジャーナリストの鵜益香織氏は以下のように解説する。

 

  そもそも大洞の古墳群は、従来から古代日本との影響関係が指摘される地域のもので、第4号墳自体がいわゆる前方後円墳であり、まさに日本起源の形式を持った墳墓なのです。

  また、神獣Bにしても、それ自体が中国起源と考えられており、漢代の本草学文献に既に複数の類似事例が存在します。ただし、水陸両生の河童ではなく、羽根を持つ鳥と人間の婚姻譚と結び付けられた伝承と共に記されており、神獣Bの頭部や背面の形態的特徴も河童ではなく鳥との関係で解釈されるべきでしょう。

  李教授の主張にしても、宇楚が大洞の「北方」にあることは確かですけれど、300キロ以上隔てた朝鮮半島の北部にある宇楚と半島南部の大洞は、政治的にも文化的にも異なる地域であったことを前提に考えるべき問題です。また宇楚の石像信仰自体が文献的に辿れるのは19世紀初頭までであり、5世紀の大洞の古墳の線刻画との関連性を主張するには、そもそも無理がある話なのです。それに、現在の大洞付近にも朝鮮半島南部にも、河童信仰は存在しません。大洞の5世紀の線刻画と、現在の大洞の民間信仰には、まったくつながりがないのです。

  そもそも日本国内の妖怪研究者は、河童を単一起源説で理解しようとは試みていません。金教授や李教授の主張を批判するというより、「韓国の古墳の線刻画に河童の画像があったとすれば面白いし、日本への伝播の過程には興味がわくが、その韓国の線刻画と中国の水虎との影響関係も追及してみたいね」なんて反応がむしろ一般的です。私の友人の妖怪研究者は、「妖怪には確かにローカルな、その地域独特の存在である側面もあるが、一方でイメージが流通し変容していく過程も文献的に明らかになっているし、そもそも妖怪を単一起源で語ろうとすることは妖怪の存在の実態に反するんじゃないですかね」と語っていました。

  まぁ、もちろん日本には民族主義的河童愛国主義者も存在しますから、この韓国の河童起源説に熱く反応する人がいないわけではありません。実際、私の知人の真正保守河童連盟の草野会長は、「これも朝日新聞の捏造だ! 許し難い話だ!」と息巻いてましたが、これは国内の反応としては例外的なものだと思っています。ただ、ネット上では、この「朝日新聞捏造説」は、ある程度の支持を受けて「拡散」されつつあるようです。

 

 

 以上が、「河童起源韓国説」のこの一年ということになる(その後の展開については「河童の起源は韓国 2」)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上、本年のエイプリルフールネタでございます。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2014/04/01 08:35 → http://www.freeml.com/bl/316274/217066/

 

 

 

|

« 産経の捏造 3 (橋下徹氏と「河野談話」) | トップページ | 昭和21年5月23日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんなことは一言も言ったおぼえはにゃい。
ただ朝品序編集方針として海外メディアが同居していて
自社に有利なようにそちらに背信したあと引用して主張するやり方でアメリカはこう言ってるんだとか錯誤させる書き方はようくやるよな

投稿: 草野 | 2014年6月17日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/55605177

この記事へのトラックバック一覧です: 河童の起源は韓国:

« 産経の捏造 3 (橋下徹氏と「河野談話」) | トップページ | 昭和21年5月23日 »