« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月 8日 (日)

『ある精肉店のはなし』(纐纈あや監督 2013)を観る

 

 「ポレポレ東中野」で上映されている纐纈あや監督の『ある精肉店のはなし』(2013)を観た。

 

 

 大阪の肉屋の話である。肉屋の話に終わる映画ではまったくないが、肉屋にまつわる話に終始する映画である。

 本来、肉屋がどのように成立しているのかを私たちは知らないので、肉屋の姿を描こうとすると、肉屋の話に終わらず、しかしすべてのエピソードは肉屋であることにつながる、ということになる。

 

 大阪貝塚市にある精肉店を舞台にしたドキュメンタリーである。

 北出精肉店では自ら牛を育て(敷地内には牛舎もある)、育てた牛を自ら屠畜し(貝塚市には市営の屠畜場があり、持ち込んだ牛を屠畜する場となっている)、自ら解体し(屠畜場での作業と精肉店内での作業がある)、販売(小売である)する。家族全員で、その全過程に関わる。

 肉屋は家業であり、現在で七代目となる。その家族の物語であり、土地の物語であり、肉屋という職業の物語であり、屠畜に関わることへの差別の歴史の物語であり、差別への抵抗の歴史の物語でもある。

 

 普段、私たちは屠畜作業のことなどまったく考えずに肉を食べているわけであるが、肉を食べるという行為は屠畜作業なしには存在し得ない。

 屠畜場までは、牛を曳いて市街地の普通の街並みの中を歩く(住宅街の朝の光景の中に牛がいるのだ)。市営の小さな屠畜場に到着し、屠畜作業はいきなり(と初めて見る者には感じられるようなタイミングで)始まる。血抜きがされ、一連の解体作業が続く。その手際の良さには、(思いもよらぬことであったが)一種の爽快ささえ感じられるのである。

 映画は、そのような屠畜作業のシーンから始まるのであった。私たちの食卓の肉料理は、実はそのシーンから始まっているのである。

 

 主役となるのは店を営む兄弟とその家族。男たちの物語であり、女たちの物語であり、親と子の物語であり、家族の物語である。

 牛鍋は文明開化の象徴、明治の近代化の象徴的食物であったが、その牛鍋を支えた牛肉は、前近代的差別の存続する中(むしろ、近代における新たな差別、と言うべきかも知れない)を生きることを強いられた人々によって供給されていたことを忘れてはならないということを痛感させられる物語でもあった。牛は肉となるだけではなく皮も残し、太鼓に張られ、祭りの芸能を支えることになるが、それを支えるのも被差別者としての彼らであった(実際、兄弟の一人は太鼓づくりにも挑戦する)。

 

 私たちが美味しく肉を食べていられる日常を支える人々の日常の物語であり、食べられる牛の物語であり、牛を食べられる事実を支えるすべてについての物語であり、そのように生きていることの事実を描いた映像作品である。

 絶妙のカメラワークがドキュメンタリーを支え、纐纈あや監督の北出精肉店の家族への惚れ込み具合は、スクリーンの前の私たちにも伝染する。

 カメラによって捉えられた肉の美しさ! このような肉そのものの美しさを私は知らなかったようにも思う。その美しさは「神々しさ」と言い換えてもよいかも知れない。食欲をそそる対象である以前に、それ自体が美しいのである。

 その神々しいばかりの美しさを現前させる北出精肉店の人々の姿には、画面に見入る誰もが惚れ込まざるを得ないだろう。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2013/12/08 21:37 → http://www.freeml.com/bl/316274/211160/

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない…のか?

 

 自由民主党の幹事長である石破茂氏によれば、市民のデモにおける、

  単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない

…ということになるのだそうだ。

 

 石破氏は、ここで「単なる絶叫戦術」という言い回しをしているが、想定されているのは(あるいは該当するのは)、デモの参加者による「シュプレヒコール」以外の何物でもないだろう。

 与党幹事長のブログ上で、それもわざわざ「本質において」との但し書きまで付けられて、市民の主張の街頭における表現手法としての「シュプレヒコール」が、「テロ行為」と同然のものとして語られ、批判されていたのである。

 

 市民のデモの権利を認めることは、民主主義国家においては当然の話である。不適切な行政権力の行使に対し市民は抗議する権利を持ち、行政府(場合によれば立法府、あるいは与党)に対するデモは抗議の手段の一つであり、シュプレヒコールは抗議の表現法としては(世界的に見ても)一般的なものである。

 デモが禁止されたり(市民によるデモをテロ行為扱いしたり)、シュプレヒコールが禁止されたり(市民のデモにおけるシュプレヒコールをテロ行為扱いしたり)する国家があれば、それを民主主義国家とは呼ばないのは(たとえば中国共産党の支配する国家を民主主義国家と呼ばないのは)、民主主義社会としての常識であろう。

 

 

 まずは、当初、石破氏がどのように主張していたのかを確認しておこう。石破氏は、11月29日の時点で、自身のブログに、

 

  今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
  主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思います。
     (2013年11月29日)

 

…と書いていたのである。

 そのあまりに乱暴な主張は、当然のこととして批判を浴び、石破氏は12月2日にブログ記事の文言の「訂正」をするに至る。問題の表現は、以下のように改められた。

 

  今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
  主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない本来あるべき民主主義の手法とは異なるように *1 思います。      *1 追記(平成25年12月2日10:00):お詫びと訂正について
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-18a0.html

 

 ちなみに、「お詫びと訂正」と題されたブログ記事の内容は、

 

 お詫びと訂正
  石破 茂 です。
  整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましいものです。
  一方で、一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相容れないものであるように思います。
  「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改めます。
  自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます。
     (2013年12月 2日)
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-e81e.html

 

…となっている。

 

 

 石破氏は、「市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法」と言うが、しかし音量の上限は既に法律により制限されているのであるし、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ市民のデモの対象は市民の平穏を脅かす行政権力なのであって平穏な市民なのではない。「一般市民に畏怖の念を与える」のは、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶデモの目的ではないのである。

 確かに、在特会のデモのように「一般市民に畏怖の念を与える」ことのみを目的としたデモは存在するし、そのようなデモは一般市民に対するテロ行為(と本質においてあまり変わらない)として批判される必要はある(註:1)。

 しかし、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶデモに対して、そのシュプレヒコールに対して、「テロ行為とその本質においてあまり変わらない」と言うことは、民主主義国家の与党幹事長の発言としてはあまりに不適切である。

 

 石破氏は、

  主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術は本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います

…と言うが、問題とされるデモは行政権力と行政権力を左右する与党に対する抗議のためのデモなのであって、「理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げる」ことを目的としたデモではないのである。つまり、まったく話が違うのである。

 石破氏は、問題をすり替えているのであり、このすり替えは非常に悪質である。

 ま、確かにデモ参加者によるシュプレヒコールはうるさいだろうが(註:2)、それを甘受してこその民主主義社会なのであり、民主主義国家の与党政治家なのであって、石破氏ともあろうものが中国共産党をお手本にするようなことじゃ困ります、というお話。

 

 

 

【註:1】
 言うまでもないことだとは思うが、私はここで、

  在特会のデモはテロで特定機密保護法への市民のデモはテロではない

…と主張しようとしているわけではない。
 石破氏の言うように、

  「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じる

…ということなのであれば(つまり石破氏の論理を尊重するならば)、

  「テロとの共通性」があるのは行政権力へ向けられた特定秘密保護法への市民のデモではなく、「一般市民に畏怖の念を与えること」を最初から目的としている在特会のデモの方である

…ということを指摘しているに過ぎない。
 従って、zames_maki 氏によるコメント(「コメント欄」参照)は、私の主張とは関係のない話と言わざるを得ない。つまり、私への批判としては成立しない。ただし、コメントにある「テロとは何か?」をめぐる考察自体は正しいものである。
     (2013年12月9日記)

【註:2】
 ただし、シュプレヒコールの内容(「絶叫戦術」の「絶叫」の内容)には愚劣浅薄なものも多く、私のような人間をデモに参加しようという気にはならなくさせる効果があることも確かである。しかし、それを私は「テロ行為」とは呼ばない。相手への批判になっていない愚劣な内容のシュプレヒコールは、テロ行為ではなく自殺行為と呼ばれるべきものであろう。自爆テロであれば相手にも損害を与えるが、自身の愚かさ浅薄さをわざわざ世界に向かって絶叫してみせるだけでは、街頭での単なる集団的自殺行為である。
     (2013年12月9日記)

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2013/12/04 20:18 → http://www.freeml.com/bl/316274/210965/

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »