« 恐ろしき者の末 | トップページ | 恐ろしき者の末の末 2 »

2013年1月24日 (木)

恐ろしき者の末の末 1

 

 「夜な夜な女性を訪ねて妊娠させた大蛇の末裔」の血が、私の半分を構成していることが判明してしまった(恐ろしき者の末 )のは思いもよらないことであったが、勢いに乗って尾形惟善を始めとした親族関連の名をネット検索してみたら、それなりにヒットするではないか!

 

 

 

 たとえばこんな ↓ 具合。

 

 

石川 秀三郎 いしかわ ひでさぶろう 千葉 海兵25期 (16/32)
Ishikawa, Hidesaburo

発令日階級その他身分補職/任官
明 9(1876).12.20
功五級
明30(1897).12.18 海軍少尉候補生 金剛乗組(海兵卒)
明31(1898). 9.27 橋立乗組
明32(1899). 2. 1 海軍少尉 高砂乗組
明32(1899). 9.29 金剛乗組
明33(1900). 8.11 高千穂乗組
明33(1900). 9.25 海軍中尉
明33(1900).10.22 鎮西乗組
明34(1901). 1.18 陽炎乗組
明34(1901).12.12 呉水雷団水雷敷設隊分隊長心得
明35(1902). 5. 8 平遠分隊長心得
明35(1902). 8. 1 大湊水雷団水雷敷設隊分隊長心得
明35(1902).10. 6 海軍大尉 大湊水雷団水雷敷設隊分隊長
明36(1903). 9.14 大湊敷設隊分隊長
明37(1904). 5. 8 筑紫分隊長
明38(1905). 3.15 厳島分隊長
明39(1906). 1.25 海大乙種学生
明39(1906).12.20 常磐砲術長心得
明40(1907). 9.28 海軍少佐 常磐砲術長
明40(1907).11.22 常磐砲術長/分隊長
明41(1908). 4.20 砲術校教官
明42(1909). 5.25 砲術校教官/水雷校教官
明44(1911). 3.11 肥前砲術長
明44(1911).11. 1 河内砲術長/横工廠艤装員
明45(1912). 1.15 河内砲術長心得/横工廠艤装員
明45(1912). 4. 1 河内砲術長心得
大元(1912).12. 1 海軍中佐 橋立副長/砲術校教官
大 2(1913).12. 1 佐世保海兵団副長
大 3(1914).12. 1 河内副長
大 4(1915).12.13 大和艦長
大 5(1916). 2.10 労山指揮官
大 5(1916).12. 1 海軍大佐 利根艦長
大 6(1917).12. 1 周防艦長
大 7(1918).12. 1 敷島艦長
大 8(1919). 6.10 三笠艦長
大 8(1919).11.20 安芸艦長
大 9(1920).11.20 日向艦長
大10(1921).11.20 佐鎮附
大10(1921).12. 1 海軍少将 待命
大11(1922).12. 1 休職
大12(1923). 3.31 予備役
昭 9(1934).12.20 後備役
昭14(1939).12.20 退役
昭20(1945). 7.13 横須賀人事部軍事普及事務嘱託
昭42(1967).12.28 歿 (91)

http://homepage2.nifty.com/nishidah/px25.htm#r001

 

 

 

 母からは「石川のおじいちゃん」として伝えられた親族(母の父―私の祖父―である加来金升の妹の結婚相手)の海軍での軍歴である。

 こういう調べるとなるとメンドーなものが、既にネットにアップされているとなると、ちゃんとチェックしてみなきゃいかんなぁ…と思わされるのでありました。

 このデータから検索をかければ、その時々の乗艦の画像にもアクセス出来るし(註:1)、たとえば日露戦争時の乗艦も確認出来る。

 あらためて、近代史を身内の視線から捉えることが、図書館(と古書店)に通うしかなかった時代よりは、格段に楽になっていることがわかる。

 

 

 明治初年に若くして亡くなった(のでまったく有名じゃない)父方の絵描きの描いた作品が、ボストン美術館に収蔵されているという噂は以前から知ってはいたが、当人を主題とした論文(2010)があることも発見。フェノロサが日本滞在の最初期に出会った日本画家の一人でもあったらしく、フェノロサのセレクションとして収蔵されているらしいことも判明。

 

 

 

 

 父方と母方のそれぞれの近代が交錯する果てに私がいることが実感される。

 

 

 

【註:1】
 たとえば、私にとっては曾祖父となる尾形惟善が海軍で最初に乗り組んだ軍艦の画像にも簡単にアクセス出来た。

  日進丸(にっしんまる1869蘭国製)
  http://www.access21-co.jp/sinsaku/18gunkan.html

 なんと、三本マストの蒸気船!!であった。

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2013/01/04 23:10 → http://www.freeml.com/bl/316274/200277/

 

 

|

« 恐ろしき者の末 | トップページ | 恐ろしき者の末の末 2 »

恐ろしき者の末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/48931009

この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしき者の末の末 1:

« 恐ろしき者の末 | トップページ | 恐ろしき者の末の末 2 »