« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

資産家の息子

 

 私の母方の祖父について、

 

  …、明治十八年大分県に生まれ、父政太郎は恵良家より養子に入り、母サダは中津の恩田家より嫁している。素封家で、「政太郎さんはカンガルーの靴しか履かないし、サダさんは、ハトの肉しか食べないそうな」と噂されたという話が残っているように、カンガルーの皮のように軽くてやわらかい靴しか履かず、ハトの肉のようなやわらかい肉しか食べないとの例え話で、その優雅な生活が想像される。福沢諭吉の同世代の文明開化に啓蒙された見本のような、大分の一族であったようだ。
     林和代 『「斜陽」の家 雄山荘物語』 (東京新聞出版局 1994)

  

…なんて書いてあるのを読む。

 (私にとっては曽祖父である)政太郎の「政太郎さんはカンガルーの靴しか履かない」という噂、それもそれが明治十年代の話であることに、ちょっと驚いたりする。私の履いているのは、基本的に牛革の靴である。

 「福沢諭吉の同世代の文明開化に啓蒙された見本のような、大分の一族」とあるが、実際に福沢諭吉のことを「ゆきっつぁん」と呼んでいたりするような「一族」であったらしい(それは母から聞いた)。

 庄屋・名主という種類の出身階層が、明治以降にも富裕な生活に結びついていた、ということのようである。祖父に嫁いだ相手(つまり祖母)も、こちらの先祖は『平家物語』(「緒環」の章)にも登場するような家で、祖母の父は明治の草創期海軍に参加し将官にまでなっている。

 祖父の姉妹の嫁ぎ先にも海軍将官がいたりするので、文明開化的であると同時に富国強兵的風潮からも無縁ではなかった一族なのであろう。

 

 

 その祖父は、応用化学畑から写真技術へと進み、美術印刷会社を設立・経営するに至る(註:1)。先の本には、

 

  美術印刷が主な仕事であったらしく、画集、写真集などたくさんあるが、大正十五年に発行されている『明治大帝御写真帖』は部厚い大変立派なもので、明治天皇から後の昭和天皇までの皇族のすべて、明治維新後の歴史的な事、天皇ゆかりの宝物から、めのと(乳母)に至るまで皇族のことが網羅されており、カラー印刷の立派な本である。

 

…なんて書いてあるが、「美術」というインターナショナルでもあるジャンルを手掛ける一方で、『明治大帝御写真帖』(こちらは単に印刷の請負ではなく出版元となっている)のようなナショナリズムにつながる系譜の仕事もこなしていたわけである。

 

 文明開化と富国強兵が共存していた世界の話である。それは富国強兵が支えた文明開化でもあった。

 

 

 

 父方の家は、小田原藩の下級武士階層だったようだが、江戸詰めになり文人生活化の道を辿ったらしい。蜀山人と交わした手紙が残されていたという話があるから、ま、江戸の都市生活を文人的に楽しんでいた公務員(武士)ということになるのであろうか。一族の中には文人的生活の延長として(?)絵画の世界の住人となった人物もいるようで、明治期の勧業博覧会の類で入賞した話を聞いた覚えもある(作品はボストン美術館収蔵品にもなっているらしい)。

 父方の祖父は若くして亡くなった(註:2)らしいが、日銀勤務であったというので、こちらは公務員家系の一員として文明開化の一翼を担ったことになる。

 ま、私は(父方で言えば)公務員系列ではなく文人系列の血を受け継いでしまったらしい。

 

 

 母方の祖父の話に戻ると、

 

  戦時中も従軍画家の画集や陸軍大将の写真集など軍事色の濃い仕事が増えていたが、四百名もいた従業員が次々と出征してしまい、技術者の人手が足りなくなって会社を継続するのが困難となり、凸版印刷に技術も会社もすべて譲ってしまった。

 

…という戦時生活を経験することになる。その影には統制経済体制の進行による会社合同があるだろうし、戦時利得という形式の金儲けに向かない当人の気質もあったのかも知れない(註:3)。

 

 いずれにしても、明治から戦前期昭和までは「カンガルーの靴しか履かないし、ハトの肉しか食べないそうな」と言われた一族も戦争ですべてを失い、今では相続財産とも金儲けとも縁のない世代が跡を継いでいるような状況である。

 

 

 

 宮澤賢治の場合は、その出自が農村社会の中での質屋という家業であったことが、彼の人生に大きく影を落としていることを感じさせるが、同じ戦前期の資産家階層であっても私の祖父の姿からは賢治のような負い目は感じられない。

 

 文化学院の創設者であった西村伊作もまた、継承した莫大な資産をその事業の原資としているわけだが、西村伊作にも賢治的な形での負い目は感じられない。伊作の場合は山林地主としての資産であることが、賢治的な負い目から身を離すことにつながっているように思われる(農民からの直接的搾取により資産形成をしたわけではない)。

 もっとも七歳時の濃尾地震で(目の前で)両親を失ったことが、資産継承の機縁であった(母方の祖母の家の相続者となった)こと。敬愛していた叔父の大石誠之助が大逆事件で連座させられ処刑されたことは、伊作を単なる金持ちの道楽息子として考え、文化学院の事業を金持ちの道楽として捉えようとする類の視点から私たちを遠ざける(註:4)。

 

 

 賢治の場合、単に資産家の家庭に生まれたという問題なのではなく、質屋という家業の落とした影が、大きく彼の人生を決定付けてしまった。

 そのように考えるわけだが、彼の自然科学的な文学的な宗教的な資質の基本は、彼自身のものであったはずである。質屋の息子であるということだけでは、彼の作品は存在し得ないのである。

 

 

 

【註:1】
 その後に判明したところによれば、

 東京高等工業学校 工業図案科選科
 明治41年(1908)7月入学 明治42年(1909)7月卒業

 明治44年(1911)~大正7年(1918) 九州帝国大学工科大学・応用化学教室 助手

 大正14年(1925)~アサヒ印刷所(東京)を設立・経営

…というのが経歴をめぐる事実関係の詳細のようであるが、調べて下さった未知の方(小野一雄氏のブログによる)には頭が下がる。
(より詳しくは→ http://blog.zaq.ne.jp/kazuo1947/article/459/)。

 この「アサヒ印刷所」の仕事をめぐって私が母から聞いていたことの一つに、出版社「アルス」の北原鉄雄(白秋の弟)との親密な関係がある。

【註:2】
 あらためて確認したところ、父方の祖父が亡くなったのは大正7年、父が18歳、父の妹が8歳、弟はまだ6歳の時点であった。

【註:3】
 1942(昭和17)年に日本印刷文化振興会から刊行された『講演と座談会の報告書』(昭和17年上半期会報)には、「印刷統制の現状を語る会(鈴木正文,加来金升両氏をかこんで)」なる記事が掲載されているようである(http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000684488-00)。まだ戦勝気分に覆われた時点での「講演と座談会」と位置付けられるが、当人の時局意識(大東亜戦争観)を窺う上でも興味深い資料となりそうである(目を通す機会を作りたいと思う)。

【註:4】
 あらためて調べてみると、西村伊作が明治17(1884)年生まれで、私の祖父(加来金升)が明治18(1985)年生まれ。宮澤賢治は明治29(1896)年生まれであった。
 賢治の没年(37歳)である昭和8(1933)年には、西村伊作は49歳、祖父は48歳という関係になる。

 西村伊作は戦前の自由主義の代表格のような人物だが、祖父の立ち位置がどうであったかは(今のところ)よくわからない。
 ただ、母の小学校時代の恩師が小林宗作で、母は小林宗作への尊敬の念を最後まで語っていた。この小林宗作こそは黒柳徹子のトモエ学園時代の恩師であり、大正自由教育運動の推進者の一人であったわけで、そのように母を育てたのも祖父だ、ということにはなる。
 祖父の仕事としては陸軍美術協会関係の出版物もあるし、海軍関係の親戚もあるわけで、大日本帝國の国策を受け容れていたであろう可能性は考えられるが、祖父に育てられた子供たちの気質を見ると、大正デモクラシーの良質な部分を感じさせられもする。

 私の場合、父が五十代、母が四十代での生まれなので、周囲の遊び友達の両親とは一世代分のズレがあった。私の祖父は、普通なら曽祖父に相当する年代の人間である。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2012/05/12 00:00 → http://www.freeml.com/bl/316274/188704/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

戦争体験の「語り難さ」への想像力への回路

 

 

  戦争体験に固執するかぎり、そこからは何ものも生まれないであろうし、それは次代に伝承されることも不可能であろうという批判は、耳の痛くなるほど聞かされている。しかし、戦争体験を放棄することによって単なる日常的な経験主義に陥り、その都度かぎりの状況のなかに溺れることだけは、ぼくはもうマッピラだ。
  戦争体験の伝承ということ、これについては、ほとんど絶望的である。ぼくは、戦争体験に固執し、それについて、ブツクサといいつづけるつもりであるが、それを次代の若者たちに、必ず伝えねばならぬとは考えていない。最近どこかの座談会で、「それを受けつぐか、受けつがないかは、若いゼネレーションの勝手たるべし」と発言していた竹内好の言葉に、ぼくはぼくなりに、全く感動的に共鳴するのである。

 

 

 福間良明氏は、この安田武の文章(『戦争体験』 未来社 1963)を引いた後に、

 

  安田は、頑なに戦争体験の語りがたさにこだわり、わかりやすい形で戦争体験を若い世代に伝えることを拒もうとした。戦争体験を「受けつぐか、受けつがないか」は、安田にとってみれば「若いゼネレーションの勝手」でしかなかった。ましてや、戦争体験の表層的な部分を都合よく、その時々の政治主義に流用することなど、安田には許容しがたいことであった。右のような突き放した物言いも、戦後派以下の世代の戦争体験への向かい方に対する安田の絶望を示すものでもあった。
     福間良明 『「戦争体験」の戦後史 世代・教養・イデオロギー』 中公新書 2009  158ページ

 

…と記している。

 福間氏は、その先で再び安田武の文章から、

 

  何を継承するかが緊急の課題であって、何を伝承するかは、二の次のことである。それに、伝承ということが可能になるためには、継承したいと身構えている人びとの姿勢が前提であろう。継承したくない、と思っている者に、是が非でも伝承しなければならぬ、と意気込むような過剰な使命感からは、ぼくの心はおよそ遠いところにある。戦争体験を現在に生かすも生かさぬも、それはまったく、それぞれ各自の問題であって、余人の立ち入るところではない。戦争体験から何も学びたくないと思う者、あるいは何も学ぶことはないと考える者は 学ばぬがよいのである。書かれ、伝説化された歴史の裡には、書かれず、伝説化もされなかった無数の可能性が死んでいる。死んでしまった筈のそのような可能性から、やがて復讐される、その亡霊に悩まされることもあり得る、ということをおそれぬものは、戦争体験にかぎらず、およそ歴史のすべてから、何も学ばぬがよい。若い世代は、いつの時にも、記憶を持たぬものだ。

 

…という言葉を引き、

 

  安田はしばしば、挑発的な表現を用いるが、そこでこだわっていたのは、戦争体験の伝承の困難さであった。とはいえ、安田はそれを不可知論として扱うわけではない。むしろ、困難をともなう戦争体験の伝承がいかにすれば可能になるのかを、模索しようとしていた。戦争体験が次世代に受け継がれる上で重要なのは、「継承したいと身構えている人びとの姿勢」であって、それをわかりやすく、あるいは心地よく「伝承」することではない。そうした安易な「伝承」では、幾多のものが切り捨てられ、「無数の可能性が死」ぬことになる。そうした「伝承」を避けるべく、声なき「死者」の声、容易に言い表せない心情に謙虚に耳をすませる――そこに、安田は戦争体験を伝承するぎりぎりの可能性を見出していた。

 

…と記している。

 

 

 

 人は、経験と共に、あるいは経験の中を、生きている。生きているということは経験することと同義である、と言ってもよい。

 言うまでもない話であるはずだが、日常的経験のすべてを語ること(語り尽くすこと)は不可能である。経験は身体全体に関わるものであり、そのすべてを語り尽くすには言葉はあまりに無力なのである。

 そもそも、そのような構図が、ありふれた日常的経験を語ること(語り尽くそうとすること)への制約として、既に存在している。

 

 「戦争体験」は、平時の日常的経験から可能な想像力の外部に大きく拡がるものとして体験されるものであり、日常性に立脚した言葉による語りの可能性を超えたものとして体験されてしまうものなのである。しかも「戦争体験一般」というものなど存在せず、あるのは、日常性に立脚した言葉によっては語り難い個々の個別の体験なのだ。

 語り難い体験の中からかろうじて言語化されたもの(語り得たもの)だけが、私たちの前に存在するのである。

 「語り難い体験」を語ろうとする場合、その語り難さに語ることを断念するか、語り難さを乗り越えて語ろうとすることに執念を注ぐか、語り難さをステロタイプな表現に変換して済ませてしまうかのいずれかしかないように思われる。

 語りが断念されてしまえば、その「語り難い体験」へのアクセスの手段は存在しない。

 ステロタイプな表現に変換された戦争体験は、わかりやすいものとして歓迎されるだろうが、そこからは「語り難さ」が欠落しており、ある種の戦争体験の「語り難さ」への想像力への回路も失われてしまうことになる。

 

 

 ここにあるのは、安田武の、

  書かれ、伝説化された歴史の裡には、書かれず、伝説化もされなかった無数の可能性が死んでいる

…という表現に込められた思いに、どこまで我々の想像力が及ぶのかという問題と言えるだろうか?

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2012/12/18 22:22 → http://www.freeml.com/bl/316274/199902/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

外交の自主性の確保と軍事力保有の有効性の関係

 

 私達は毎日、「北朝鮮による事実上のミサイル打ち上げ」について報道するテレビ画面の衛星画像を通して、北朝鮮国内のミサイル発射場の発射準備作業の進行状況を観察しているわけである。

 ここに21世紀における軍事力のあり方を見ておくことも、無駄ではないだろう。

 

 各国は軍事偵察衛星を保有し、相互に地上の軍事上の重要な変化の詳細を把握しているわけである。国家による軍事偵察衛星の運用にとどまらず、民間の保有する衛星の提供する情報により、地上における軍事的変化は、民間人である我々にさえも(テレビ画面やPC画面を通して)確認が可能なのである(註:1)。

 つまり、「真珠湾」が再現されることはないのだ。もちろん、現在においても「軍事機密」は存在する。しかし、かつてのように、国境線が、「軍事機密」としての軍の配置の変化の隠蔽に役立つ時代ではなくなったのである。

 

 軍事的攻撃の意図(それは軍の配置の変化として表現されてしまう)は、宇宙から検証されてしまい、奇襲攻撃の可能性は失われてしまったのだ。現在では、奇襲攻撃による国境線の侵犯による国境線の変更は、ほぼ不可能なものと言える。

 第二次世界大戦は占領統治のコストという問題(リスクが利益を上回るのである)としても経験され、軍事的侵略による国境線の変更は時代遅れの発想として理解されているのが現状である。しかも、先進国は相互に経済的依存関係にあり、先進国間の戦争は経済的損失を生み出すばかりなのである。国家間戦争の選択は、経済的利益の喪失に結びつくものとして理解されるに至ったということであるし、国家間の全面戦争を前提とした無制限な軍備増強は国家経済を崩壊させ得ることも、既にソ連邦の歴史が示している(北朝鮮における「先軍政治」の帰結も現在進行中の国家経済崩壊の事例である)。

 かつてのような形式での先進国における国家間戦争の可能性は失われてしまった、ということなのである。軍事的緊張状態の創出は、むしろ統治権力への求心力を確保するための国内向けのパフォーマンスとして位置付けた方が、リアリズムに基づく政治過程の理解として現実的である(それは双方の統治権力の利益に結びつく)し、軍事的緊張の創出を国家間関係の問題として考えれば、外交的利益の確保のための威嚇・恫喝手段としての機能(つまり外交上の演出である)に注目する方が、リアリズムに基づく国際政治過程の理解として適切なものに思われる。

 

 

 現在における軍事力保有の意味は、外交における威嚇の手段として考えるべきであるし、外交における威嚇の手段として軍事力を保有する国家に対する外交の自主性の確保のための軍事力保有として考えるべきであろう。

 現に、外交における威嚇の手段として保有する軍事力を活用する国家が存在する以上(尖閣の問題は日中の二国間問題にとどまるものではなく、南沙諸島をめぐるベトナム及びフィリピンを相手にした中国外交の覇権主義的展開と連動したものであるし、その中国外交は米国の保有する軍事力の外交上に果たす意味から多くを学んだものであるはずである)、そのような外交手法の無効化のための対抗的軍事力保有という選択は、自国の外交の自主性の確保の上で合理的なものである。 

 もちろん、ここでの課題は外交の自主性の確保なのであり、軍事力保有とその強化が自己目的化されてしまえば、あるいは保有する軍事力を外交上の威嚇の手段として考えるようになってしまえば、それは本末転倒な話と評価せざるを得ないことになる。軍事的緊張の創出が軍事衝突の現実化として帰結してしまえば、その時点で、リアリズムに基づく政治過程としての外交は失敗なのである。軍備増強の自己目的化は、そのような事態を招くものとなりかねない。外交的リアリズムにまず求められるのは自己抑制能力なのである。

 そもそも軍事力の行使による二国間の外交案件の解決は現代の国際法秩序に反するものとなっているのであり、外交的威嚇の手段を超えての実際の軍事力行使の可能性は小さなものなのである。米国でさえ、単独での軍事力行使ではなく、たとえばイラクでは多国籍軍の形式を採用していた事実の意味は大きい。米国による軍事力行使でさえも、国際社会の同意という見かけを必要としているのである。

 我々が対処を迫られているのが、基本的に(軍事的侵攻のための軍事力ではなく)外交的威嚇の手段としての軍事力を保有する国家の存在なのであるとすれば(註:2)、実際問題としては、軍事衝突の現実化を想定しないところでの外交的課題という話になってしまうわけである。しかも各国共通の少子化局面は、国民が戦死者の発生を歓迎しない状況にあることを意味する(一人息子の戦死は、父母にとって忌むべき話なのである)。そのように考えれば、外交の自主性の確保の基盤としての軍事力保有の必要性を認めるにしても、全面戦争を勝ち抜くような軍事力保有の必要はないという事実にも思い至るはずである(その意味でも、軍備増強の自己目的化は誤りなのである)。もちろん、非武装を選択した上で外交を展開する道も存在するが、非武装状態への国民の不安感の払拭という課題を説得力をもってクリアしておく必要がある。

 

 

 私の右側にいる人々には、軍事力保有が外交上の威嚇の手段としてイメージされ、かつ自己目的化されてしまっている印象があるし、私の左側にいる人々には、外交の自主性の確保の手段としての軍事力保有という政治的リアリズムへの想像力が存在しないように思われる。

 重要なのは外交における政治的リアリズムであり、政治的リアリズムに基づく外交の展開である。軍事力の保有とその増強が政治的に稚拙な外交を補完することはないし、国際社会における理想の追求も、政治的リアリズムの裏打ちがなければ実現を見ることはないのである。

 非武装の選択は、外交における、より高度の政治的リアリズムを必要とするはずである。

 非武装を主張するのであれば、非武装が理想状態であるから非武装を選択するということではなく、非武装が現実的であるから非武装を選択することを、希望的観測や願望ではなく政治的リアリズムの帰結として示すことが、まず求められるのである。

 

 

 

【註:1】
 その後、「打ち上げ延期情報」の取り扱いをめぐり、偵察衛星情報の信頼性に疑問符を付すような議論もされたが、それは情報の解釈の妥当性の問題であって、実際には打ち上げは瞬時に把握され、軌道は追尾され、必要ならば撃破されていた事実は無視されるべきではない。(2012年12月16日追記)

【註:2】
 ここでは中国と北朝鮮の軍事力の評価が問題となっているわけだが、近年の中国による海軍力の増強とその覇権主義的展開は明らかであるし、北朝鮮による核開発とロケット技術の軍事転用の構図も明らかである。

 ただし、中国も実際の軍事衝突を前提とした攻撃的軍事力として海軍力を増強しているというよりは、外交的威嚇の手段としての軍事力保有という側面が強いように思われる。
 北朝鮮についても、北朝鮮の関心の焦点は現体制の継続の確保にあり、通常兵器であれ核兵器であれ、その攻撃的使用は現体制の継続には役立つものではないことは(彼らの現実主義において)自覚されているはずである。その意味で、北朝鮮の保有する軍事力も攻撃的な性格において評価することは適切ではなく、現体制継続の保障手段として理解する方が妥当であろう。北朝鮮の発信する言葉は確かに攻撃的であるが、実際に攻撃的に軍事力を使用してしまえば、それは現体制の終焉をのみ意味するものとなってしまうのである。

 そのように理解すれば、中国にせよ北朝鮮にせよ、必ずしも、日本に対する現実的な軍事的脅威として考える必要はない。両者共に、外交的威嚇の手段としての軍事力保有として位置付けておくことで、より現実的な外交の展開も可能になるはずである。
 もちろん、軍事力の保有は外交の威嚇手段としてであるだけではなく、外交の自主性の確保の手段としても(そのための防衛力としても)機能するし、望むならば攻撃的使用も可能なものである。
 しかし、あくまでも、保有する軍事力の攻撃的使用への誘惑への遮断が、外交の役割であり政治の果たすべき機能ということなのである。(2012年12月16日追記)

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2012/12/07 22:05 → http://www.freeml.com/bl/316274/199654/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »