« 戦争のトラウマ 2 | トップページ | 「放射能」とのお付き合いの仕方という問題 »

2012年2月20日 (月)

なるほどポキン(石子順造的世界)

 

 府中市美術館で「石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行」というタイトルの展覧会を開催中(2012年2月26日まで)。というわけでお出かけ。

 

 

 肩書きとしては「美術評論家」であったらしい石子順造は、マンガ批評でも知られている。それがタイトルに反映され、展示内容に反映されているわけだ。

 

 60年代から70年代にかけてのいわゆる「現代美術」と共に生き、マンガをマンガとして評価し、同じ視線でキッチュの世界を見透し、世界を、現代というものを理解しようとした。

 展示会場も三つに分けられているが、それぞれに石子の注いだ視線のあり方を意識させられながら作品や展示物を見ることで、かつて目にした作品も別の姿で立ち現れるのを経験する。

 

 「美術」とは何なのか?何がどのようにして「美術作品」と呼ばれることになるのか?

 そこには一種の社会的合意として、半ば意識的半ば意識されることなく定義された、「美術」というものの社会的に期待されたあり方が前提として存在する。そしてその期待・前提を破棄させ、あらたな「美術」としての可能性を提示する運動自体が、「美術」という行為には含まれ、それが作品として形象化されるわけである。

 運動としての「現代美術」とは、まさにその過程の意識化であったのだなぁ…なんてことを実感させられながら「美術」エリアを進む。

 

 「マンガ」のエリアでは、様々な作品の複製を手にとって読むことが出来る仕掛けになっているが、つげ義春の「ねじ式」だけは、その原画の展示を通して再会することになる。照明を落とした会場スペースのガラス越しに、「ねじ式」の原画の全てが展示されており、展示された原画を通して、かなり久しぶりに「ねじ式」を読むことになった。「ねじ式」には、本質的なものとして、読めば読むほど「見てはいけないものを見て(見続けて)しまう」ような場所へ読者を誘い込んでしまうような仕掛け(というのは適切な表現ではないが)がある。照明の暗い中で年代を経た「ねじ式」の原画と対面することで、その感覚はより強められる(展示設計が見事だと思う)。

 マンガ表現というものへの期待・前提を破棄させた作品、あらたなマンガ表現の可能性を提示した作品であることを深く実感させられるのである。

 

 「キッチュ」のエリアは明るい(しかも写真撮影オーケー!)。銭湯のペンキ絵もあれば、観光地の土産物のペナント、食品サンプル、各種の優勝トロフィー、招き猫、怪獣のソフビ…と、様々な展示物が並ぶ。

 ここに並んでいるのは消費者マジョリティーの期待・前提に適うことで(むしろ拡大することで)商品として成立する、必ずしも実用的ではない品々である。しかし、これが楽しい。また「美術」における「作品」とは対極的な存在でもあるようにも感じられるが、それが大量生産品であるからではないことを、銭湯のペンキ絵や相撲取りの化粧回しのような一点モノの存在が明らかにもする。

 

 

 ここでは、作品なり生産物なりを享受する側の期待・前提とその期待・前提自体の破棄への期待の有無という観点を、三つのエリアに通底するものとして展示を見通してみたわけだが、もちろんそれはひとつの見方に過ぎないのであって、石子順造が残し提供してくれた問題はそれだけではない。

 

 

…と、マジモードで書いてきたが、実は「キッチュ」のエリアで、私はかなり後悔の念に襲われていたのである。

 昨年末に、国分寺の「switch point」というギャラリーで「不幸なる芸術」というタイトルの展覧会に遭遇していたのだ。そこで私は成相肇氏の「作品」に出会うことになったのだが、その成相氏こそは今回の石子展のキュレーターなのであった。

 「不幸なる芸術」展では「美術作品」の「作品性」が、経済的側面から追求されていたのである。そこにあったのは、美術作品の値段とは何なのか?という問いであった(と私には思われた)。「作品」と呼ばれるのは、美術市場での商品価値が社会的に認められた事物・物品なのであり、その社会的事実が「値段」として表示されるのである。美術市場での商品価値が認められなければ、そこに社会により見出されるのは(多くの場合)「実用的でない品々」であるに過ぎず、単なる「ゴミ・ガラクタ」として処理されてしまう可能性も高い。成相氏は、その構図を自らの「作品」として提示していたのだ。

 その「不幸なる芸術」展の会場で、今回の石子展の「キッチュ」エリアの展示物のいくつかが「作品」として(予約)販売されていたのである(いわゆる美術作家によリ作成された「作品」ではなく、今回の展示用に購入された量産品なのだが、ギャラリースペースで値段をつけ販売されることにより、成相氏の名を刻印された「作品性」を身にまとうことになる)。もちろん「お買い上げ」を考えた私であったが、それを(財布の中身の参照という)「理性」が押し止めてしまったのだ。

 やっぱり買っとけばよかった、と「キッチュ」エリアに並ぶ様々な「消費者マジョリティーの期待・前提に適うことで(むしろ拡大することで)商品として成立する、必ずしも実用的ではない品々」を前に後悔したのであった。

 

 

 

 ちなみに、「石子順造的世界」展図録は300ページくらいのハードカバーでありながら2000円!! ボリューム的にも内容的にもお買い得感たっぷりなのであった(もちろん、こちらは迷うことなく「お買い上げ」)。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2012/02/12 22:38 → http://www.freeml.com/bl/316274/182272/

 

 

|

« 戦争のトラウマ 2 | トップページ | 「放射能」とのお付き合いの仕方という問題 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/44191397

この記事へのトラックバック一覧です: なるほどポキン(石子順造的世界):

« 戦争のトラウマ 2 | トップページ | 「放射能」とのお付き合いの仕方という問題 »