« 昭和天皇の戦争責任問題と東京裁判 | トップページ | 戦争のトラウマ 1 »

2012年1月31日 (火)

『月あかりの下で』(救いとしての学校)

 

 どうやら、学校が救いの場である、という状況があり得るということには、私の想像力は及ぶことがなかったようだ。

 

 たまたま自主上映会のチケットをいただいたもので、ドキュメンタリー映画『月あかりの下で ~ある定時制高校の記録~』(太田直子監督 2010)を観ることが出来た(2012年1月27日、小平市中央公民館にて)。

 

 埼玉県立浦和商業高校定時制課程の2002年次入学の生徒たちの、卒業までの4年間を追ったドキュメンタリー作品である。

 映し出されていたのは生徒と担任教師の交流というよりは闘いであり、それは確かに闘いではあるけれど、真剣勝負は相互理解と信頼に至る道でもあるという過程が、日々のエピソードを通して描かれていた。

 経済的困難者への勉学の機会の提供手段としての役割は現在でも重要なものであるにしても、かつての定時制高校の果たした役割と現在のそれには大きく変容した部分もある。

 

 公立小中学校での問題として、登校困難状態に陥った児童の存在は無視することの出来ないものとなっており、その進学先という、もうひとつの問題もまた無視することは出来ない。

 そのような、小中学校での経験を抱えた子供たちの進学先の一つとして、現在の定時制高校の果している役割は小さなものではない。

 映画は、そんな定時制高校のひとつでのエピソードなわけだ。

 

 かつて不登校児童であった彼らが、定時制高校のクラスという場で一緒になり、それぞれの自己主張と、自己主張の仕方さえつかめぬ状態との格闘の中から、4年の時を経る中で相互理解と自己理解、そして相互の信頼感までを獲得していく。

 

…なんて紹介の仕方は、それはそれで間違ってはいないのだが、いきなり酔っぱらって授業中のクラスに登場する生徒の姿だの、とにかくどこまでも「お行儀」のよくない生徒たちが次々と登場するのである。

 映画の性格から言って、救いのない結末にはならないであろう期待というか予感はあるものの、シナリオの存在しない展開はスリリングでもある。

 2年3年と進級する中で、それぞれに芯の強くなっていく姿を見る一方で、それぞれの抱えて来た(そして現に抱えている)問題の深刻さにも気付くようになる。

 

 

 冒頭のシーンに、ハイヒールを履いた女子生徒が教室の机の上に腰掛けた状態で担任教師に応答する姿があるのだが、上映後の担任教師本人(平野先生)の話に、

  生徒の足下ではなく顔を見る

…という言葉があった。

 やがて彼女も校内で上履きを使用することになったことも語られたが、それはまさに「顔」をきちんと見る日々の中での関係性がもたらした変化であったに違いない。

 

 

 そんな彼女たちにとって、どうやら、学校は「救いの場」であったのである。時と共に、彼ら彼女らにとって、学校が「救いの場」としての意味を持ち始める。県により浦和商業高校定時制課程の廃校が決定されるのだが、その撤回交渉の場での先輩たちの姿は、彼らにとって学校がどれだけ深く「救いの場」として機能し、現在の彼らの存在を支え続けているのかを明らかにしている。しかし、県の決定が覆されることはなく、映像記録としてその最後の姿が残されはしたが、県立浦和商業高校の定時制課程は既に存在しない。

 「学校」という場に、まだ可能なことは残されていたのだ。通学する生徒にとっての「救いの場としての学校」という「可能性」が、である。それにもかかわらず、その可能性の証が「廃」されてしまったのである。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2012/01/27 22:00 → http://www.freeml.com/bl/316274/181053/

 

 


|

« 昭和天皇の戦争責任問題と東京裁判 | トップページ | 戦争のトラウマ 1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/43935981

この記事へのトラックバック一覧です: 『月あかりの下で』(救いとしての学校):

« 昭和天皇の戦争責任問題と東京裁判 | トップページ | 戦争のトラウマ 1 »