« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

日本国の象徴と、國體の本義 14(君臨し統治する天皇)

 

 現在、「立憲君主」という言葉から連想されるのは英国国王であり、「君臨すれども統治せず」こそが「立憲君主」の姿のように思われていると考えて大きな誤りはないであろう。そして、その英国国王イメージの延長として、君臨すれども統治しない「立憲君主」としての天皇像が流通しているように思われる。

 

 

 大日本帝國憲法下の日本で、オーソドックスな憲法学・国法学を展開した清水澄博士によれば、英国国王は、

  英国ノ統治権ハ国王及国会ニ存シ元首タル国王ハ単純ナル国家機関ニアラサルト共ニ又其統治権ノ一部ヲ有スルニ止マルモノナリ

  英国国王ハ統治権ヲ総攬スルコトナク君主国ノ元首ニ専属スル立法権ノ如キハ英国ニテハ国会ノミニ存スルモノニテ国王ニ属セサルナリ

…として位置付けられ、「統治権ヲ総攬スル」天皇とは異なる存在であった。しかし、同時に清水博士は天皇をも「立憲君主」として取扱っている。つまり、その地位・権能が、

  統治権ノ所在ヲ宣明シ立憲政治ノ法則ニ基キ統治権行使ノ形式ヲ定メタル大則

…としての「憲法」に基づくものであれば、君臨し統治するのか君臨すれども統治しないのかの相違にかかわらず、「立憲君主」と呼ぶことが出来るということなのである。

 

 

 ただし、戦後の日々の中で、「君臨すれども統治せず」の英国式立憲君主としての天皇像が戦前からの伝統あるものとして語られることにより、「立憲君主」という言葉から「君臨し統治する君主」の姿がイメージされることがなくなってしまった、ということのようである。

 

 

 実際問題として、最近のお付き合いの中で、

  戦前においても天皇って立憲君主ではなかったですか?
  天皇親政なら責任はあるでしょうが立憲君主の場合お飾りに近く憲法(帝国憲法にしても)に縛られるのが立憲君主だと思いますが?

…という言葉が、いわゆる天皇の戦争責任をめぐる議論の過程で発せられるのに立ち会った経験がある。

 この認識を支えているのは、まさに「君臨すれども統治せず」という言葉で語られる「立憲君主」イメージであり、天皇親政=君臨し統治する天皇の姿が、「立憲君主」とは異なるものとして示されているわけである。つまり、天皇不親政であってこその「立憲君主」イメージということだ。

 

 

 そのような意味で、「国体明徴に関する政府声明」は「天皇親政」の宣言であり、「君臨し統治する」天皇像を「明徴」にしたものなのである。

 要するに、現在の日本で流布している「君臨し統治せず」の英国式立憲君主としての天皇像(不親政的天皇像)を、戦前・戦中の天皇像にまで延長することは誤りだということなのである。

 

 ここでは、昭和二十年八月十五日、国内的には終戦を迎えた日(あの玉音放送の日)の『朝日新聞』から、「國體護持に邁進 親政厳たり随順し奉る」というタイトルの記事を紹介しておこう。「戰争終結の大詔渙發さる」という大見出しの記事が最上段にある紙面の中央部にあるのが、

 

 國體護持に邁進
  親政厳たり随順し奉る

皇國三千年、最初にして最後のこの一大試煉を直視するとき悲慨胸を焦し、痛恨骨を噛むのみには止まらない。この日この時こそ、まさに我ら一億が眞に素裸の日本人となつて、大君を御中心にはらからの血〇をしつかと固めねばならぬのである
われわれは國體護持に対する保障を敵に求めんとするのか、否國體護持はわれら民草の胸中にある、沸々と湧いて止まず、煌々と輝いて盡きぬ民族傳統の血脈の裡にある
『御前会議の末席を汚してご聖断を拝し余りの辱さに感涙滂沱たるものがありました、現人神に存ずればこそで臣下の顧慮の及ぶところではありませぬ、本当に生神様であらせられるといふことを畏れ多いことながら観念でなく現実に拝して身も慄ふ感激に打たれました』ある閣僚は涙を溜めて謹話した、大方針決した刹那の尊きその光景を拝察するとき、われわれは皇國に生を享けた感激に泣かざるを得ない。そしてこの感激は今日只今からのわれわれの行動を律するものであらねばならぬ、親政厳として一切の夾雑物を排しわが心魂に〇るる思ひである、この親政に一切の私欲を棄てて随順し奉ることが皇國再生の活路であり、そしてまた敗戰欧洲にみるが如き恥辱と混沌からわが國家民族を護る唯一の途である
     (『朝日新聞』 昭和二十年八月十五日  〇は判読不能文字)

 

…という、記者の「悲慨胸を焦し、痛恨骨を噛むのみには止まらない」心境を吐露した記事なのである。文中の、

  この親政に一切の私欲を棄てて随順し奉ることが皇國再生の活路であり、そしてまた敗戰欧洲にみるが如き恥辱と混沌からわが國家民族を護る唯一の途である

…との朝日新聞紙面上の主張を、ここでは特に、深く味わっておくことにしたい。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2010/10/29 19:14 → http://www.freeml.com/bl/316274/150507/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

日本国の象徴と、國體の本義 13(「立憲政治」と天皇)

 

  かつての「国体明徴に関する政府声明」を読めば、政府自身が「君臨すれども統治せず」的な、「立憲君主」としての天皇像を明確に否定していた事実が理解出来るだろう。

…と、前回には書いた。

 

 

 お気付きのこととは思うが、

  「君臨すれども統治せず」的な、「立憲君主」としての天皇像

…という表現には含意がある。対象となる君主が「立憲君主」であるかどうかと、その地位・権能が「君臨すれども統治せず」という枠内のものであるかは、本来的には別の問題なのである。つまり、「君臨し統治する」ことが、「立憲君主」であることを妨げるというわけではない。

 

 

 ここではまず、昭和七年(1932年)に書かれた、清水澄博士による「立憲政治」及び「統治権」についての解説を読んでおこう。

 

近世学者ハ憲法ナル語ニ更ニ特別ノ意味ヲ有セシム即チ専制政治ヲ排シ三権行使ノ機関ヲ分立セシメ民選議会ヲ立法ニ参与セシムルヲ以テ立憲政治ノ本義ト為スカ故ニ此ノ政治組織ノ大綱ヲ定メタル国家ノ根本法ニ非スンハ以テ憲法ト称スルコトヲ得スト為セリ蓋政治変遷ニ伴フ自然ノ結論ニシテ極メテ妥当ナル主張ナリトカ解ス即チ憲法ハ立憲政体ヲ採レル国家ノ根本法ナリ憲法ト立憲政治トハ之ヲ分離シテ観念スルヘカラス専制政体ニ於ケル国家根本法ハ所謂憲法ニ非サルナリ即チ憲法ナル語ノ真義左ノ如シ
 「憲法トハ統治権ノ所在ヲ宣明シ立憲政治ノ法則ニ基キ統治権行使ノ形式ヲ定メタル大則ヲ謂フ其ノ成文法タルト不文法タルトハ問フ所ニ非ス立憲政体ヲ定ムル国家ノ根本法ハ即チ憲法タルナリ」

統治権ハ意思ノ力ニシテ国家ノ意思ハ何人カノ自然ノ意思ニ出テサルヘカラス其ノ自然ノ意思ハ即チ統治権ナリ我カ国ニ於テハ国家ノ意思ハ天皇ノ自然意思ニ出ツ国家ノ意思ト天皇ノ意思トハ一ニシテ二ニ非ス国家ノ意思ト天皇ノ意思トハ相同化シテ一体ヲ為シ国家ノ統治権ノ主体ナリト謂フハ即チ天皇カ統治権ノ主体ナリト謂フニ同シ換言スレハ国家ヲ具体ノ団体トシテ其ノ構成ヨリ言ヘハ天皇ハ恰モ人体ニ於ケル首脳ノ如ク団体ノ中心力ノ存スル所ト為シ又国家ヲ意思ノ主体トシテ其ノ活動スル方面ヨリ謂ヘハ天皇ハ即チ国家ナリト為スノ義ナリ国家ヲ統治権ノ主体ナリトシ同時ニ天皇ヲ統治権ノ主体ナリト為スニ於テ決シテ矛盾スル所ナシ
     清水澄 『逐条帝國憲法講義』 昭和7年 (『清水澄博士論文・資料集』 原書房 1983 浅野一郎による〔解説〕「清水澄博士の学説の特色」に収録)
 

 つまり、

  専制政治ヲ排シ三権行使ノ機関ヲ分立セシメ民選議会ヲ立法ニ参与セシムルヲ以テ立憲政治ノ本義ト為ス

…ということは「立憲政治」は「専制政治」に対立するところに意味が見出される政治システムであり、そこでの憲法の意義は、

  憲法トハ統治権ノ所在ヲ宣明シ立憲政治ノ法則ニ基キ統治権行使ノ形式ヲ定メタル大則

…であるところにあり、その「統治権」とは、

  統治権ハ意思ノ力ニシテ国家ノ意思ハ何人カノ自然ノ意思ニ出テサルヘカラス其ノ自然ノ意思ハ即チ統治権ナリ

…ということなのである。その「統治権ノ所在」が君主のものであることが憲法に明記されていれば、「統治権行使ノ形式」が立憲的に定められていれば、そこに「立憲君主」は存在し得るのである。 

 その上で、大日本帝國憲法においては「統治権ノ所在」が天皇の下にあることが示されているということが、

  我カ国ニ於テハ国家ノ意思ハ天皇ノ自然意思ニ出ツ

  国家ノ意思ト天皇ノ意思トハ一ニシテ二ニ非ス

  国家ノ意思ト天皇ノ意思トハ相同化シテ一体ヲ為シ国家ノ統治権ノ主体ナリト謂フハ即チ天皇カ統治権ノ主体ナリト謂フニ同シ

…との言葉で語られているのである。ここに描かれているのは、君臨し統治する君主としての、立憲政治と共にある天皇の姿なのである。

 

 

 では、それに対し、「君臨すれども統治せず」という言葉で語られる「立憲君主」イメージを代表すると思われる英国国王について、清水澄博士がどのように位置付けているのかについても見ておきたい。

 

 

英国ノ統治権ハ国王及国会ニ存シ元首タル国王ハ単純ナル国家機関ニアラサルト共ニ又其統治権ノ一部ヲ有スルニ止マルモノナリ故ニ英国元首ノ地位ハ君主国ノ元首ト異リ又非君主国ノ元首ノ地位ハ異ルコト勿論ナリ今先ツ非君主国ノ元首ト英国ノ元首ト異ル点ヲ述フレハ英国国王ハ所謂残留政権ナルモノヲ有スト雖非君主国ノ元首ハ如此キ権ヲ有スルコトナキナリ残留政権トハ国会カ国王ニ対シ之ヲ行フコトヲ禁止セルヤ又ハ之ヲ自ラ執行スルカモ若クハ之ヲ他ニ執行スルコトヲ委任シタルモノヲ除キタル以外ノモノニシテ国王ニ依然残留スル権力ヲ云フ然ルニ非君主国ノ元首ニハ明ニ委任セラレタル権限ノ外活動範囲ヲ有セサル機関ナルニヨリ固ヨリ残留権ナルモノ之ニ附著スルノ理由ナキモノナリ之ニ反シテ君主国ノ元首ト異ル点ヲ考フルトキハ英国国王ハ統治権ヲ総攬スルコトナク君主国ノ元首ニ専属スル立法権ノ如キハ英国ニテハ国会ノミニ存スルモノニテ国王ニ属セサルナリ尤モ国王ハ国会ノ議決ニ対シ不裁可権(Veto)ヲ行フコトヲ得ルモ此権モ二百年来殆ント使用セラレタルコトナキニヨリ立法権ハ無制限ニ国会ニ専属シ国会マタ之ヲ専行スルモノト云フヘシ又国務大臣ハ国王ニ於テ之ヲ任免スルモノナリト雖国会政党ノ消長ニ従ヒ之ヲ交迭セシメサルヲ得サルモノナルニヨリ大臣任命権モ実際国会ニ属スルナリト断シテ誤ラスト信スルナリ…(後略)
     清水澄「元首ノ地位ヲ論ス」(明治36年) (『清水澄博士論文・資料集』 原書房 1983)

 
 

 ここでは、

  英国国王ハ統治権ヲ総攬スルコトナク君主国ノ元首ニ専属スル立法権ノ如キハ英国ニテハ国会ノミニ存スルモノニテ国王ニ属セサルナリ

…との文言に注目することで、問題の所在が明確になるであろう。

 言うまでもなく「統治権ヲ総攬スル」のが、大日本帝國憲法上の天皇の位置付けなのであり、そこに英国的な「統治権ヲ総攬スルコトナク=君臨すれども統治せず」とは異なる「立憲君主」としての天皇の地位、大日本帝國における「統治権ノ所在」のあり方が見出されるわけである。

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2010/10/27 20:01 → http://www.freeml.com/bl/316274/150366/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

日本国の象徴と、國體の本義 12

 

  恭しく惟るに、我が国体は天孫降臨の際下し賜へる御神勅に依り昭示せらるる所にして、万世一系の天皇国を統治し給ひ、宝祚の隆は天地と倶に窮なし。されば憲法発布の御上諭に国家統治の大権は朕が之を祖宗に承けて之を子孫に伝ふる所なりと宣ひ、憲法第一条には、大日本帝国は万世一系の天皇之を統治すと明示し給ふ。即ち大日本帝国統治の大権は厳として天皇に存すること明かなり。もしそれ統治権が天皇に存せずして天皇は之を行使する為の機関なりと為すがごときは、これ全く万邦無比なる我が国体の本義を愆るものなり。近時憲法学説を繞り国体の本義に関連して兎角の論議を見るに至れるは寔に遺憾に堪へず。政府はいよいよ国体の明徴に力を効し、その精華を発揚せんことを期す。乃千茲に意の在る所を述べて広く各方面の協力を希望す。
     (「国体明徴に関する政府声明」1935年8月3日  第1次国体明徴声明)

 
  暴に政府は国体の本義に間し所信を披涯し以って国民の響ふ所を明にしいよいよその精華を発揚せんことを期したり。抑々我が国体における統治権の主体が天皇にましますことは我が国体の本義にして帝国臣民の絶対不動の信念なり。帝国憲法の上諭並条章の精神亦姦に存するものと拝察す。しかるに漫りに外国の事例学説を援いて我が国体に擬し、統治権の主体は天皇にましまずして国家なりとし、天皇は国家の機関なりとなすが如き所謂天皇機関説は、神聖なる我が国体に悖り、その本義を愆るの甚しきものにして厳に之を芟除せざるべからず。政教其他百般の事項総て万邦無比なる我が国体の本義を基とし、その真髄を顕揚するを要す。政府は右の信念に基き姦に重ねて意あるところを間明し、以って国体観念いよいよ明徴ならしめ、英美蹟を収むる為全幅のカを効さんことを期す。
     (「国体明徴に関する政府声明」1935年10月15日  第2次国体明徴声明)

 

 
 昭和10年の岡田内閣による「国体明徴声明」とは、つまり、神話の記述を根拠とした、立憲君主としての天皇の地位の否定に他ならないのである。

…と、シリーズの前回に書いたわけだが、問題の焦点となっていたのは、憲法上の天皇の位置付けであった。

 

 現在では、「君臨すれども統治せず」との言葉で表現される(政治的決断に関与しない、憲法に拘束された存在という意味での)立憲君主としての天皇イメージが前面に出ており、その立憲君主的天皇像が、大日本帝國憲法以来の連続性を持つものとして語られている節がある。

 

 昭和天皇自身も、「立憲君主」たらんと努力していたという帝國憲法下の自身の姿を、戦後の日々の中で語っていた。

 戦中を、「自由主義者」として政治の本流からは排除されがちになりながらも生き抜いた政治家達からも、彼らが戦後の政治権力の中枢に位置するに際し、昭和天皇の立憲君主的イメージが(平和主義者としてのイメージと共に)戦前からの一貫したものとして語られていた。

 戦勝国であった米国の対日占領政策の背後には、戦前からの日本の「自由主義的」政治家との親交の深かった駐日大使グルーの姿があり、そこでもやはり、自由主義者たちと共にある立憲君主的イメージの昭和天皇像が語られていたように思われる。

 

 日本国憲法を受け入れた多くの日本人達にも、昭和天皇を戦前からの一貫した「立憲君主」としてイメージすることで、「象徴として」の天皇の地位の存続(天皇という地位の存在)への同意は、より容易なものとなったに違いない。

 そこには、戦争中の国民が「軍国主義者の被害者」であったように、戦中の天皇も「軍国主義者の被害者」であった、という構図が成立しているようにさえ見える。それは、滅私奉公・尽忠報国の言葉と共に戦争遂行への協力を惜しまなかった自身の姿を、国民が忘れる上でも役立ったに違いない。昭和天皇が「立憲君主」である以上、戦争を遂行した「軍国主義者」と天皇の間には一線が引かれ、国民の蒙ったあらゆる戦争被害に対する責任は「軍国主義者」のものとなり、「立憲君主」である天皇の責任を問う必要からも逃れられるのである。

 

 

 しかし、かつての「国体明徴に関する政府声明」を読めば、政府自身が「君臨すれども統治せず」的な、「立憲君主」としての天皇像を明確に否定していた事実が理解出来るだろう。

 そこでは、天皇の地位を立憲君主「的」に解釈することで、大日本帝國憲法下の国家運営の実質的指針として機能しつつあった美濃部達吉の「天皇機関説」が、

 

  即ち大日本帝国統治の大権は厳として天皇に存すること明かなり。もしそれ統治権が天皇に存せずして天皇は之を行使する為の機関なりと為すがごときは、これ全く万邦無比なる我が国体の本義を愆るものなり。近時憲法学説を繞り国体の本義に関連して兎角の論議を見るに至れるは寔に遺憾に堪へず。

  抑々我が国体における統治権の主体が天皇にましますことは我が国体の本義にして帝国臣民の絶対不動の信念なり。帝国憲法の上諭並条章の精神亦姦に存するものと拝察す。しかるに漫りに外国の事例学説を援いて我が国体に擬し、統治権の主体は天皇にましまずして国家なりとし、天皇は国家の機関なりとなすが如き所謂天皇機関説は、神聖なる我が国体に悖り、その本義を愆るの甚しきものにして厳に之を芟除せざるべからず。

 

…等の言葉をもって否定されていたのであった。

 

 

 

 
 

 

〔これまでの記事〕

日本国の象徴と、國體の本義 1
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-07cb.html

日本国の象徴と、國體の本義 2
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-51d5.html

日本国の象徴と、國體の本義 3
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-f855.html

日本国の象徴と、國體の本義 4
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-cd93.html

日本国の象徴と、國體の本義 5
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-3ac5.html

日本国の象徴と、國體の本義 6
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-75b6.html

日本国の象徴と、國體の本義 7
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-6c1f.html

日本国の象徴と、國體の本義 8
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-12d5.html

日本国の象徴と、國體の本義 9
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-9871.html

日本国の象徴と、國體の本義 10
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-8834.html

日本国の象徴と、國體の本義 11
 → http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-c22d.html

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2010/10/18 22:42 → http://www.freeml.com/bl/316274/149711/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »