« スバラシイ英国の監視社会の危機を救う日本の企業の姿 | トップページ | 南京事件否定論への視点 1 松井石根の涙 »

2010年1月10日 (日)

日本人であること、あるいは木村久夫の刑死

 

 

 日本は負けたのである。全世界の憤怒と非難との真只中に負けたのである。日本がこれまであえてして来た数限りない無理非道を考える時、彼らの怒るのは全く当然なのである。今私は世界全人類の気晴らしの一つとして死んで行くのである。これで世界人類の気持ちが少しでも静まればよい。それは将来の日本に幸福の糧を遺すことなのである。

 

 私は何ら死に値する悪をした事はない。悪を為したのは他の人々である。しかし今の場合弁解は成立しない。江戸の敵を長崎で討たれたのであるが、全世界から見れば彼らも私と同じく日本人である。彼らの責任を私がとって死ぬことは、一見大きな不合理のように見えるが、かかる不合理は過去において日本人がいやというほど他国人に強いて来た事であるから、あえて不服はいい得ないのである。彼らの目に留まった私が不運とするより他、苦情の持って行きどころはないのである。日本国民全体の罪と非難とを一身に浴びて死ぬと思えば腹も立たない。笑って死んで行ける。

 

 

 

…と書いたのは、陸軍上等兵木村久夫28歳であった。

 大正7年4月9日、大阪生まれ。高知高校を経て、昭和17年4月京都大学経済学部に入学。昭和17年10月1日に入営し、昭和21年5月23日、シンガポールのチャンギー刑務所にて戦犯刑死という経歴が、『きけわだつみのこえ』(岩波文庫 1982)の巻末に掲載されている。

 

 いわゆるBC級戦犯として刑死した(させられた)わけである。

 冒頭の文は、その彼が、刑死までの日々に手にしていた田辺元『哲学通論』の余白に書き記した言葉の中にあるものだ。

 

 

 『きけわだつみのこえ』に掲載されている全文に目を通すと、

  私の上級者たる将校連より法廷において真実の陳述をなすことを厳禁され、それがため、命令者たる上級将校が懲役、被命者たる私が死刑の判決を下された。

…と、戦犯裁判の経緯も記されている。木村は、上官の自己保身・責任転嫁の犠牲となったわけである(判決後に、その事実を裁判当局に訴えてはいるが、判決が覆ることはなかった)。陸軍ではなく海軍の事例であるが、昨年に放送された、「NHKスペシャル 日本海軍 400時間の証言」の「第三回 戦犯裁判 第二の戦争」(8月11日 ( 火 ) 午後10時00分~10時59分 総合)では、海軍が組織的に戦犯裁判対策を行い、責任回避に努めたことが当事者による証言で明らかにされていたことを思い出す。
 

 

 

 木村久夫が、

  日本がこれまであえてして来た数限りない無理非道を考える時、彼らの怒るのは全く当然なのである。

…と書いているのを読む時、その背後に木村自身の従軍体験があることを見落としてはならない。

 「日本がこれまであえてして来た数限りない無理非道」とは、皇軍兵士としての木村自身が直面させられ、経験させられた事態を要約した言葉なのである。大東亜共栄圏の確立やアジア解放というスローガンがあった一方で、その現場に立ち会った木村自身は、「数限りない無理非道」の目撃者・当事者となっていたわけである。

 

 その要約が事実に反するものであるとは考え難い。それが木村にとり事実であったからこそ、

  今私は世界全人類の気晴らしの一つとして死んで行くのである。これで世界人類の気持ちが少しでも静まればよい。それは将来の日本に幸福の糧を遺すことなのである。

…という言葉で、自身の理不尽な運命が合理化出来る(つまり理解可能になる)と考えているのだから。そのことを確認した上で、

  悪を為したのは他の人々である。しかし今の場合弁解は成立しない。江戸の敵を長崎で討たれたのであるが、全世界から見れば彼らも私と同じく日本人である。彼らの責任を私がとって死ぬことは、一見大きな不合理のように見えるが、かかる不合理は過去において日本人がいやというほど他国人に強いて来た事であるから、あえて不服はいい得ないのである。

…という木村久夫の言葉を味わっておきたい。

 確かに被告は木村であるが、ここでは木村久夫個人が裁かれているわけではない、と木村は自身の境遇を理解したのである。形式的には個人の戦争犯罪が裁かれているわけだが、ここでの木村は、個人としての木村久夫ではなく、大日本帝國陸軍の上等兵という類、日本人という類の一例として取り扱われているのである。

 大東亜共栄圏において、日本人は、自身が万邦無比の国体の精華の顕現である日本人であることを、上位の指導的立場から植民地統治をし占領地支配をすることの理由として主張していた。そこでは個々の日本人の能力が問われることはなく、日本人であるという条件のみで、他民族への支配的地位が約束されていたわけだ。日本人ではないという理由のみで、他民族出身者は日本人の下位に甘んじなければならなかったのである。そこでは、個々の個人の個性や能力ではなく、日本人であるかどうかのみが問われているのだ。つまり、問われていたのは個ではなく類なのである。

 「かかる不合理は過去において日本人がいやというほど他国人に強いて来た事」と木村が書く背景には、そのような大東亜共栄圏の現実がある。

 木村久夫の陸軍上等兵としての体験は、「日本がこれまであえてして来た数限りない無理非道」との表現として要約され得るものであり、である以上、類としての日本人に属する木村久夫は、

  彼らの目に留まった私が不運とするより他、苦情の持って行きどころはないのである。日本国民全体の罪と非難とを一身に浴びて死ぬと思えば腹も立たない。笑って死んで行ける。

…と自分を納得させることしか出来なかった、あるいは納得させることが出来た、あるいは納得させようとしていたのであった。

 

 

 

 

 

 

  かつてのごとき、我に都合の悪しきもの、意に添わぬものは凡て悪なりとして、ただ武力をもって排斥せんとした態度の行き着くべき結果は明白になった。今こそ凡ての腕力武力を捨てて、あらゆるものを正しく認識し、吟味し、価値判断することが必要なのである。これが真の発展を我が国に来す所以の道である。

…という木村久夫の言葉を、あらためて噛み締めておきたい。

 「我に都合の悪しきもの、意に添わぬもの」を、「反日」の一語で「排斥せんと」するような態度の横行する現在に、このBC級戦犯裁判の犠牲者の言葉は重く響く。

 

 

 

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 : 2010/01/09 22:56 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/127131

 

 

|

« スバラシイ英国の監視社会の危機を救う日本の企業の姿 | トップページ | 南京事件否定論への視点 1 松井石根の涙 »

ウヨク、サヨク、そしてリベラル」カテゴリの記事

戦争と責任」カテゴリの記事

本を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/32929543

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人であること、あるいは木村久夫の刑死:

« スバラシイ英国の監視社会の危機を救う日本の企業の姿 | トップページ | 南京事件否定論への視点 1 松井石根の涙 »