« マイナスの後のプラス | トップページ | 老眼と自己決定 (27) エホバの証人、あるいは輸血拒否の論理 3 »

2009年10月21日 (水)

秋の空の下、アウトサイダー作家の誕生?

 

 さすがに、10月もここまで来ると、夏の名残もない。

 
 

 夏の初めに、学生の企みに乗せられて写真展を…、というような話を書いた。
  (→ http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/lachrimae-7864.html

 
 

 メールのやり取りの結果、11月24日~12月5日という会期での開催が決定。

 そろそろ準備も本格的に始めなければならない。

 
 
 
 

 ところで、学生の作った企画書の「作家紹介」が、家族的にウケた。

 その最後が、

 正規のアート教育を受けていないアウトサイダー作家である。

という言葉で結ばれているのだった。

 

 「アウトサイダー・アート」と呼ばれるジャンルがあるのだ。近年注目の対象となっているジャンルである。
  (→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88

 『ウィキペディア』の記述中にもある、世田谷美術館の「パラレル・ヴィジョン」展には、私も足を運んだものだ。そして『ウィキペディア』の記述中にもある通り、展示作品の中での精神障害者の作品の比率は高い。

 
 

 特に、子どもや、正式な美術教育を受けずに発表する当てもないまま独自に
 作品を制作しつづけている者などの芸術も含む。なお、デュビュッフェの作品を
 アール・ブリュットに含める場合もある。

 

という意味では、私の写真は仕事ではないし、「作品」として人に見せることを考えたものではないし…と考えれば、「アウトサイダー・アート」と呼ぶことも出来るのだろう。

 しかし、そもそも私の撮った写真は「芸術」なのか?

 そんな意図すらないのである。まぁ、他人が決めることなんだろうけれど…

 しかし、やっぱり「アート・芸術」というものが、そもそもよくわからないものではないか、と言わざるを得ないわけだ。誰がそれを決めるのか?つまり、誰が対象となる何かを「アート・芸術」として認定するのか?誰にその資格があるのか?

…と考え出すと(ここでそれを考え始めてしまうところがいかにも「私」なわけだが)、何を「作品」と呼び「アート・芸術」と認めるのか、というのは簡単な問題ではないことが理解出来るだろう。

 

…というメンドーな話はこのくらいにして、「アウトサイダー作家」と呼ばれてしまったことは、個人的には(そして家族的には)面白いことなのであった。

 「作家」であるかどうかは別として、「アウトサイダー」であることは、確かに自分の人生での選択であったという意識があるからだ。要するに、オレは日本の世間には参加しないよ、というのが若き日の我が決意であったわけである。

 そういう意味で、確かに「アウトサイダー」であることは、自明のことだったわけだ。

 

 その「アウトサイダー」としての私が、カメラを手にしシャッターを切ることを生活の一部としていた、ということなのであった。カメラにフィルムあるいはメモリー・カードが入っていれば、シャッターを切った後には写真が残されるのである。

 それがギャラリーという場で展示されることによって「作品」と呼ばれ、結果として撮影者が「作家」と呼ばれることになる、というのが理解としては妥当なことなのかも知れない。

 
 
 
 

…と、まぁ、書き出したら長くなってしまったが、古本購入記を書いておくのが今夜の日記の予定であった。

 で、今からそれを始める。

 家族総出で、家の本(私のではない本)の処分のために、駅の向こうの古書店(チェーン店)まで出かけたわけだ。そこで買ってしまった本、というわけである(毎度の話だが)。

 
 

 ジョアン・フォンクベルタ + スプートニク協会 『スプートニク』 (筑摩書房 1999) 2600円→1300円
 松本昭夫 『精神病棟の二十年』 (新潮文庫 2001) 400円→200円
 井上嘉大&D.T.Wプロジェクト 『忘れられた大日本帝国 1936』 (英知出版 2005) 2667円→1250円
 加藤恭子 『昭和天皇と田島道治と吉田茂  初代宮内庁長官の「日記」と「文書」から』 (人文書院 2006) 2500円→1050円
 田中孝彦 青木人志 編 『〈戦争〉のあとに ヨーロッパの和解と寛容』 (勁草書房 2008) 2800円→1550円

 

 ここまでが古本。

 その後で駅上の書店で新刊本として、

 ロベルト・エスポジット 『近代政治の脱構築 共同体・免疫・生政治』 (講談社選書メチエ 2009) 1800円

も買ってしまった。ナチスの安楽死計画への言及があるにとどまらず、全体として私のテーマと重なる内容となっているようだ。

 
 

 古書中の『スプートニク』は、帰宅してからあらためて見たら、

 本書「スプートニク」は、解説を除き、すべて作者ジョアン・フォンクベルタ氏によるフィクションです。

と書いてあった。その解説の執筆者は荒俣宏氏であった。

 ウマシカ氏による「陸軍冬期戦研究所」バナシの大掛かりなものなのであった。感動した!!

 

 『精神病棟の二十年』は、

 私は昭和三十一年、21歳の時に精神分裂病に罹患した。当時私は大学受験を控え、東京目黒の下宿で、勉強にうちこんでいた。
 以来七回、前後約六年間にわたり、東京、札幌、旭川の精神病院に入退院をくり返してきた。旭川のT精神病院を最後に退院したのが、昭和五十年九月、その日から五年が過ぎた。
 精神病院の一日一日は、私にとってすべてが空しく、無意味で、苦々しい時間であった。
 その失われた歳月はたとえようもなく惜しいが、もはや返ってはこない。
 私はいま四十五歳である。生地に近い旭川市の小さな出版社に勤め、営業マンとして働いている。一度離婚して以来、約十年ほど独身生活をしていたが、最近再婚もした。
 これから後、自分の病気が決して再発することがないことを希っている。信じている。祈っている。
 私ぐらい愛について魯鈍な者もいなかったのではないだろうか。私は愛を受け取ることばかりに長じていて、愛を与えることはまるで幼児より下手だった。…

という文章で始まる、松本昭夫氏による自身の記録である。

 これから後、自分の病気が決して再発することがないことを希っている。信じている。祈っている。

という、「希っている。信じている。祈っている」と重ねられた表現に、ご自身の年月が集約されているように思える。

 

 『忘れられた大日本帝国 1936』はDVD2枚付きの資料集として、『昭和天皇と田島道治と吉田茂』はタイトルが内容を語っているだろう。

 『〈戦争〉のあとに ヨーロッパの和解と寛容』は、第一次世界大戦後、第二次世界大戦後、冷戦終結後、という三度の「戦後」をテーマとした論文集。頭の整理に。

 
 
 
 

で、話は冒頭に戻る。

 帰宅後に、これを書くためにココログの記事を久しぶりにチェックした際に、文中でサヴァールの演奏の紹介をしていたことに気付いた。

Jordi Savall, Hespèrion XXI - Lacrimae Pavan, J.Dowland (1563-1626)
 → http://www.youtube.com/watch?v=g2uA4msplTg&feature=related

 

 写真展を企画した学生によれば、サヴァールの姿はウマシカ氏に似ているらしい。

 鼻の形が違うような気がするが、ヒゲ、メガネ、マユゲ、ヘアスタイルについては、確かに似ているようにも思えた。

 で、最後に、サヴァールの演奏のオマケ。

 

Diego Ortiz: Recercada quarta sobre la folia / Jordi Savall
 → http://www.youtube.com/watch?v=egQ5TtE7E9I&feature=related
Anonymous: La Folia ( XV century ) / Jordi Savall
 → http://www.youtube.com/watch?v=uUeLAF54m_U&feature=related

 
 
 
 
 
 

 

 
 

(オリジナルは、投稿日時 : 2009/10/12 19:28 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/118924

 

 

|

« マイナスの後のプラス | トップページ | 老眼と自己決定 (27) エホバの証人、あるいは輸血拒否の論理 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

本を買う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/31870755

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の空の下、アウトサイダー作家の誕生?:

« マイナスの後のプラス | トップページ | 老眼と自己決定 (27) エホバの証人、あるいは輸血拒否の論理 3 »