« きたないはきれいだし、リベラルはサヨクである | トップページ | 人民解放軍の銃口 »

2009年6月16日 (火)

今日は靖国

 

     (2009年5月31日の話である)

 昨日の予告通り、靖国神社まで出かけて来た。

 


 

 知人の主催するフィールドワークへ、家族ぐるみで参加(総勢数十人)。

 

 「九段下」の駅に集合。

 最初の目的地は「しょうけい館(戦傷病者史料館)」。「戦傷病者とその家族の労苦を伝える」ことを目的とした史料館である。

 撮影禁止ではあったけれど、受付に申し出て、学芸員さんの許可をいただき、見学風景を撮影しながら、知人の案内で自分も見学。

 次回、あらためてゆっくり時間をかけて見学しようと思う。

 徹底的に「兵隊」の視線で構成された史料館であった。

 

 それから靖国神社へと向かう(コンビニで水分確保してから)。

 

 まずは九段坂の左側(牛ヶ淵沿い)を上り、「高燈篭」や品川弥次郎の銅像等を見ながら、靖国神社創設以前の九段の地誌などを、ガイドをする知人の説明で聞く。要するに、それなりに人の集まる場所であったらしい。

 

 それからあらためて道路を渡り、靖国神社参道へ向かう。

 社号碑(「別格官幣社」の文字が切り取られている)から始めて、それぞれの鳥居、狛犬、様々な記念碑を見学(雨が降り出す中を)。

 続いて本殿左側の「鎮霊社(元宮)」や、当初の招魂斎庭を見る。

 再び本殿前を横切り、右奥の「招魂斎庭」(1938~)へと向かう。しかし、現在は貸し駐車場になっているのだった。つまり、新たな戦死者の発生を、靖国神社自体は想定していないということになる。あるいは、とにかく現金収入の確保を考えている、ということだろうか?

 

 そして、付属の戦争博物館である「遊就館」へ。

 入る前に(一人で)、ガラス壁の外からゼロ戦を撮り、その先にある特攻隊員の像も撮影。そう言えば、その前に、軍馬や軍犬、軍用鳩の記念碑も撮った。

 さて、館内のレストランで「海軍カレー」で昼食(ガイド氏のオススメ)。

 以前にもここで「海軍カレー」は食べたことがあり、家族には「不味いぞ」と伝えてあったのだが、食べてみたら思ったほど不味くもない。どういうことなんだ、と思っていたら、後になってのガイド氏との会話から、以前と味に変化があるという結論に。かつてほど不味くなくなっているのだ。海軍オリジナルレシピが売りなはずなのに、これも「商売」なのだろうか?

 ガイド氏の目論見は、不味い海軍カレーを参加者に味わってもらうことだったらしく、二人で不平を漏らす。

 

 食事の後は、館内の展示見学。

 「遊就館」の「図録」の愛読者であることは、これまでにも書いたと思うが、ご都合主義的記述の魅力は、もちろん展示のキャプションで味わうことが出来る。

 ガイドもそれが目的で、突っ込みどころ満載のキャプションから(時間の関係で)特にセレクトしたものを解説していただく。

 つまるところ、時間の関係で急ぎ足で館内を一周という状態だったのだが、それでも既に4時である(駅前に集合したのが午前10時)。それだけ境内(そして遊就館内も)は広いのだ。

 

 最後に、企画展示室の特別展示「矢弾丸尽きるとも -我レ生還ヲ期セズ-」を見るが、見ているうちに腹が立ってくる。

 昭和19年7月の、いわゆる「絶対国防圏」を破られた後の戦死者(英霊)の記録資料の展示だったのだが、戦闘が勝つことではなく、降伏を表明しないことのみが目的となってしまった状況下での、しかも無謀・杜撰な作戦での犠牲者の遺品なのだ。

 この戦死者達は、無能で無責任な大日本帝國の政治的軍事的指導者の犠牲になった者達なのである。

 その責任を問おうとしない自称愛国者達への怒りも加わり、不愉快の頂点で、遊就館の展示見学を終えたのだった。

 

 ミュージアムショップで「図録」(昨年度の改定新版である)と、『これだけは知っておきたい大東亜戦争 20の最新基礎知識』、『いわゆる「A級戦犯」合祀と靖国問題について』というパンフレットを購入。ご都合主義の論理学のお勉強用である。家族は家族でなにやら購入していた模様。

 
 

 フィールドワークの予定はそれで終了。

 

 雨の靖国神社を後にする。

 わが家族は「抜刀隊(陸軍分列行進曲)」を口ずさみながら(「抜刀隊」→ http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-f933.html)、である。映画『靖国』の夜の雨中の映像と、『学徒出陣』の雨の神宮競技場のシーンを思い浮かべながら、だ。

 
 
 

 その後は、参加者の一部で喫茶店でおしゃべり。

 遺族の亡くなっていく中での靖国神社の維持の問題などを話題に、2時間くらい話し込んでしまった。

 
 
 
 
 
 

 

 

(オリジナルは、投稿日時 2009/05/31 22:29 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/105782

 

 

|

« きたないはきれいだし、リベラルはサヨクである | トップページ | 人民解放軍の銃口 »

ウヨク、サヨク、そしてリベラル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/30134407

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は靖国:

« きたないはきれいだし、リベラルはサヨクである | トップページ | 人民解放軍の銃口 »