« ダミニストによる日本経済への貢献 | トップページ | 続・老眼と自己決定 »

2009年1月29日 (木)

老眼と自己決定

 

 老眼のカミングアウト、ってのは、しかし、どこか悔しいところがあるのかも知れない。

 既に「若い者」ではなくなってしまったことを、当人の意思とは無関係に自覚させられるように仕向けられた感じだ。

 データをプリントアウトしたはいいが、メガネ(もちろん近眼用の)のままじゃ読めない。紐の結び目を解くことが出来ない。CDの中身をチェックしようにも、たとえば、文字が小さ過ぎて録音日時の確認が出来ない。

 様々な瞬間に、老眼の自覚を強要されるのである。

 まぁ、生物としてのヒトという枠組みで考えれば、世界からの引退の時期、ということなのだろう。「人生五十年」というのは、要するに、そういうことなのだろう。

 しかし、人類は、寿命の延長に心を砕いて来たわけだ。公衆衛生や医療、戦争の抑制は、寿命延長の原動力だ。

 その結果、先進諸国では、高齢者の人口比率が高まり、老人の存在が社会問題化している。想定内の出来事なのか、それとも想定外の出来事なのであろうか?

 いずれにしても、私が近代以前のシステム内の住人であれば、既に晩年なのであった。

 老眼とは、近代以前には、晩年入りの徴のようなものだったのかも知れない、なんてことを思ってみたりする。

 もっとも、近代以前の社会でも、老人の存在は知られていた。幸運あるいは強運の下では、喜寿米寿も可能性の内部ではあったのだ。生き延びて老人となることは、誰にでも出来ることではなかったが、達成し老境を生きる経験をする人物が皆無であったわけでもない。

 しかし、それはあくまでも稀有な経験であり、だからこそ祝福される対象ともなり得た。

 誰でも老人であることを経験し得る状況。それこそが現代社会で特徴的なことであろう。

 しかし、同時に、それはありふれた事態に成り下がり、既に祝福の対象ではなくなってしまった。老人であることが、当人にとっても周囲にとっても、あまり祝福されるべき事態ではなくなりつつあるように感じる。

 人生から死を遠ざけること。近現代社会の根底にある基本的な方向性と言うことも出来るだろう。

 もっとも、近代における戦争は、人生において国家のための死を受け入れることを、国民に対し要求するものでもあった。そこでは、自らの意思をもって死に近付き行くことこそが求められていたわけだ。

 それでも、第一次世界大戦および第二次世界大戦の経験は、戦争による死がどのようなものであるかについてのリアルな認識を人類にもたらした、とでも言うべき側面があることを否定することも出来ない。

 特に、ナチスドイツによる、(その対象が、ユダヤ人であれ精神障害者であれ)政策的な「生きるに値しない命」への死刑(厳密には「刑」ではないわけだが)宣告は、他者への死の強要の「権利」の所在への、根底的な疑問を持つことを人類に求めるものとなった。

 他者の死への決定権は、誰のものであるべきなのか? あるいは、誰のものでもないのではないか? という反省的思考が、そこに生じ、人類に共有されるものともなった(もちろん、共有しようとしない人間達の存在もまた無視し得ないものではあるのだが)。

 誰が、死を決定出来るのか?

 本人による決定ならオーケーなのか?

 「自殺」は自己決定として尊重されるべき行為であるのかどうか?

 ナチスドイツにより受容・実践させられることになった、「生きるに値しない命」という発想は、1920年に出版された、法律家カール=ビンディングと医師アルフレート=ホッへの共著になる『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』と題された書物に遡るものだ。

 そこでは、

  1)助かる見込みのない患者〈末期癌の患者など〉。
  2)治療不能な知的障害者
  3)瀕死の重傷者
 

の3つのケースが、法律家カール=ビンディングにより、安楽死の対象として想定され検討され、2〉のケースが特に精神科の医師アルフレート=ホッへによる考察の対象となっており、特にアルフレート=ホッヘによる考察部分が、ナチスの政策として結実していくのである。

 しかし、カール=ビンディングのそもそもの問題意識は、「自殺」を犯罪として取り扱うべきかどうかに関する、法学上のものであった。死の決定主体と、法学上の「殺人行為」との相関を問うものであった、と言い換えることが出来るかも知れない。

 自己に対する、死の自己決定としての自殺を「殺人」という範疇の行為として記述することに、法学者としてのビンディングは慎重であった。当人の意思に反する死の強要こそが「殺人」の構成要件とまで考えたのかどうかは、現在手元に参照するべき本がないので確言出来ないのだが、そのような問題関心が彼の発想の源にはあったわけだ、ということは思い出しておくに値する。

 人の身の上に起る死は、誰によって決定されるべきものなのか?

 我が身の上に起きた老眼の話題から、はるか遠い地点にまで来てしまったが、老眼が当人の意思を越えた地点での出来事であるように、当人の死もまた当人の意思の内部の出来事ではないのではないか、なんてことを考えているわけだ。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2009/01/29 22:03→ http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/316274/blog_id/93326

 

 

|

« ダミニストによる日本経済への貢献 | トップページ | 続・老眼と自己決定 »

健康という名のテロリズム」カテゴリの記事

安楽死と自殺(生きるに値しない命)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/27589212

この記事へのトラックバック一覧です: 老眼と自己決定:

« ダミニストによる日本経済への貢献 | トップページ | 続・老眼と自己決定 »