« 日常化した死の前にダミニストが考えること | トップページ | 8月15日、天皇はラジオから語りかけた »

2008年12月 7日 (日)

8月15日、何を記念し何を祈念する?

 

 昭和二十年八月十五日という日付を、現在、私たちは、あの戦争(大東亜戦争、あるいは太平洋戦争、第二次世界大戦等々、どのように呼ぶべきかという問題は別に論じるとして)の「終了」と結びつけて考えてしまうようになっている。

 実際、一般には「終戦記念日」と呼ばれているし、リアルな認識を尊ぶ人々からは、「敗戦記念日」という言い方もされている。

 「終戦記念日」にしても、「敗戦記念日」と呼ぶにしても、その日をもって戦争が終結した、あるいは戦争に負けたという認識を持つことにおいては共通している。

 しかし、ポツダム宣言の受諾の日付は8月14日であるし、降伏文書への調印は9月2日のことだ。敗戦による占領状態の終結を、戦争状態の終了と考えるなら、昭和26年9月8日の「サンフランシスコ平和条約」締結の日付となる。

 「戦争」は国家間における出来事であり、戦争の終結が軍事的・外交的に語られるべきであるとすれば、あの戦争の終結の日付は、8月14日あるいは9月2日または9月8日とされるべきであろう。

 つまり、戦争とは対外的な出来事である以上、交戦国との関係を抜きに、その開始も終了も考えることは出来ないはずなのである。

 そのような意味で、昭和20年8月15日という日付は、対外的には何かがあった日付ではない。

 それは、前日付けのポツダム宣言の受諾を、国民(あるいは臣民)に対し、昭和天皇が自らの声(録音)で告げるラジオ放送があった日付であった。つまり、対内的には意味を持つ日付ということは出来る。

 しかし、軍事的に考えれば、大本営から帝國陸海軍へ向けての停戦命令が出されたのは、8月16日のことであり、そのような意味では8月15日に戦争が終了していたわけでもない。

…というような話は、別に私の創見ではなく、佐藤卓巳/孫安石編『東アジアの終戦記念日』(ちくま新書2007)に書いてあることを紹介したまでのことだ。

 同書によれば、事態は更に複雑である。

 国家間の出来事として「戦争」を考えれば、日本ではない他国では、あの戦争の終結の日付をどのように理解しているのかという問題が浮上して来る。

 ミズーリ号上での降伏文書調印の相手としての交戦国においては、その日付である9月2日が対日戦勝記念日として、戦争の勝利による終結を記憶に刻み込むべき日となっている(ソ連、中国、モンゴルでは9月3日付だということだが)。

 大日本帝國の植民地支配下にあった、朝鮮半島の南北の国では、どちらも8月15日を、戦争終結と植民地からの解放の記念すべき日付として意味付けている。

 しかし、同様に大日本帝國の植民地であった台湾では、台湾総督府から中華民国へと統治権の移管がされた日付である10月25日を、「光復節」として祝日としている。

 東南アジアに眼を向ければ、現地日本軍の降伏あるいは武装解除の日付である9月3日(フィリピン)、9月12日(シンガポール、マレーシア)、9月13日(タイ、ビルマ)が、それぞれの戦争終結の日付であると言う。

 国内的にも、6月23日の現地司令官の自決の日付をもって「沖縄慰霊の日」としている一方で、現実の戦闘終了の日付である9月7日も「沖縄降伏の日」として、沖縄の人々には意味ある日付として認識されている。

 これには説明が必要であろう。

 軍司令官は自決に際し停戦命令を発することなく、兵士への戦闘の継続を指示しているのである。その結果、8月15日を過ぎても軍司令部不在のまま、統制を失った軍により戦闘は継続されてしまったのであった。

 沖縄の住民にとっては、8月15日以前に、米軍に制圧された地域では戦争は終結し、未制圧地域では8月15日を過ぎても日本軍による戦闘行動は継続していた。つまり戦争は終わっていなかったのである。

 実際問題としても、8月15日が法的に「終戦記念日」とされるのは、1963年5月14日の第二次池田隼人内閣の閣議決定「全国戦没者追悼式実施要綱」を待っての話であり、その名称が正式に「戦没者を追悼し平和を祈念する日」となったのは、1982年4月13日の鈴木善幸内閣の閣議決定においての話なのだと言う。

 別に、ここで、8月15日を「記憶すべき日」と考えるべきではないと主張するつもりはない。

 しかし、その日付が特別に意味を持つようになる歴史的経緯への想像力は持っているべきだとは思う。

 それは、あの戦争自体の多面性を見失わないことにつながるはずだ。

 『東アジアの終戦記念日』はその意味で、実に示唆的な一書である。

 歴史とは様々な当事者により形作られるものだ。それぞれの当事者により語られる歴史は、当然のことながら一面の真実に止まるだろう。

 自身にとっての歴史の語りに決定的に欠けてしまうものが、他者による歴史の語りの中には見出せるはずである。

 本気で「平和を祈念」するのなら、他者の語りに耳を傾けなければならない。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2008/08/15 21:23 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/blog_id/75922/user_id/316274

 

 

|

« 日常化した死の前にダミニストが考えること | トップページ | 8月15日、天皇はラジオから語りかけた »

特別な日付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/25983304

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日、何を記念し何を祈念する?:

« 日常化した死の前にダミニストが考えること | トップページ | 8月15日、天皇はラジオから語りかけた »