« 昭和二十年八月二十日 蚤と蚊 | トップページ | 「しょうがない」のは誰か? 久間発言再説 前 »

2008年11月27日 (木)

昭和二十年八月二十一日 麦酒と燃料不足

 

 八月二十一日〈火〉           快晴 頗暑 六、〇〇 八、三〇
 昨夜殆んど寝なかったので実によく寝た。侍従長の部屋に寝たのだが蚊もゐず鉄扉も上げられるやうになったので風も吹き込み実にいい気持である。所がすっかり朝まで寝て了って一体緒方国務相の拝謁はどうなったのだろうかと思ふ。

     入江相政 『入江相政日記』

 
 蚊と蚤に悩まされた昨夜と違い、ぐっすりと眠れたらしい。
 空襲から解放され、鉄扉に頼る必要もなくなり、風に吹かれながらの熟睡だったのだろう。クーデターの危機も去ったこともあるのかも知れない。

 緒方国務相の拝謁については、前日の記事に、

 
 その時の話にマニラへ行った全権が帰って来たので明払暁二時に緒方国務相の拝謁があるかも知れぬとの事。

 
とある。
 宮中の拝謁は、夜中にも行われることが、入江の日記を読んでいると、そこここに出てくるので、昭和天皇も大変であったと思う。
 その「マニラへ行った全権」とは、河辺虎四郎参謀次長以下17人がマニラの連合軍司令部まで行き、日本進駐に関する打ち合わせ、ミズーリ号上での調印式用の降伏文書の受け取りをし、二十日夜に帰国の予定であったもの。
 全権団の搭乗機は燃料不足(!)のために20日夜に天竜川河口付近に不時着。浜松から陸軍機で21日の朝8時20分に、調布飛行場へたどり着いたという。
 午前中に拝謁は行なわれた。

 終戦〈敗戦〉処理が始まっているのである。
 しかし、全権の搭乗機が燃料不足で不時着するというエピソードが、大日本帝國が昭和20年8月にどれだけ追い詰められた状況にあったかを物語っているように見える。
 状態によっては、降伏文書も失われかねなかったわけである。

 

 
二十一日〈火〉 晴
 ○昨夜十二時まで、首相宮、ラジオにて反復数回、国民に告げらる。国体維持に政府方策を有す。聖断は絶対なり、国民は静粛に治安を保つべしとの意味なりしが如し。雑音多くて明らかに聴く能わず。
「敵にしてわが国体を根本より破壊せんとの意図を有する時は再び開戦す。最後の一人まで蹶起せよ」とでもいわるるにあらずやとみな胸躍らせて待ちしに、絶望悲嘆甚だしきものあり。
 ○各地の防空陣、敵機来るときはいまだ猛烈に応戦す。東京都内にては各所に貼り出されたる降伏のニュース、一夜のうちに、ことごとくはぎとられたりと。またフィリピンの日本軍は総攻撃を開始せりとの噂あり。
 このありさまにては戦意全国に炎のごとく燃え上がり、不穏の状況いちじるしきものあり、かくて首相宮の悲鳴のごとき放送となりたるものならん。みな、この分にては面白くなるぞとよろこぶ。

     山田風太郎 『戦中派不戦日記』

 
 やはり、学生という若さだろうか。敗戦が現実として、あるいは安堵感として受容されてはいないようだ。
 この日から、授業が再開されている。

 

 
 八月二十一日火曜日十三夜。晴。午後出社す。夕帰る。こないだ内から毎日麦酒が飲みたくて困る。大分間があいたからである。麦酒やお酒が無い為の苦痛を随分嘗めたがこの頃は以前程には思わない。世の中の成り行きで止むを得ないと云う諦めも手伝っているが、一つには焼け出された後はそれ迄とお膳の様子がすっかり変って仕舞ったので以前の様に座のまわりの聯想に苦しめられると云う事が無くなった所為もあるだろう。それでも欲しいと思いつめるのはよくよく欲しいのであって我儘だけではなく身体がほしがるのだと思う。それでも無ければ、無い物は仕様がない。

     内田百閒 『東京消盡』

 
 暑い夏にビールが飲めないのである。これもまた敗戦の現実、ということだろうか。
 5月25日の空襲で焼け出された際には、百閒は避難の道中も一升瓶を抱え、道々飲んでいた。酒をめぐる記述、飲めない苦しみ、飲めた時の喜び、様々に書かれているのが百閒の日記の魅力(?)でもある。

 この8月21日の項で、百閒の日記は終えられている。
 戦争の日々の終りを感じたのだろうか。

 
 この数日の新聞記事を読んで今までの様な抵抗感情を覚えなくなった。何しろ済んだ事は仕方がない。「出なおし遣りなおし新規まきなおし」非常な苦難に遭って新らしい日本の芽が新らしく出て来るに違いない。濡れて行く旅人の後から霽るる野路のむらさめで、もうお天気はよくなるだろう。

 

 
 昭和20年8月の日記紹介シリーズも、今回で終了としたい。

 明日からは、夏休みを終えた山田太郎氏が戻って来る、はずだ。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2007/08/21 23:59 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/blog_id/38600/user_id/316274

 

 

|

« 昭和二十年八月二十日 蚤と蚊 | トップページ | 「しょうがない」のは誰か? 久間発言再説 前 »

昭和二十年の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/25692997

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和二十年八月二十一日 麦酒と燃料不足:

« 昭和二十年八月二十日 蚤と蚊 | トップページ | 「しょうがない」のは誰か? 久間発言再説 前 »