« 昭和二十年八月十六日 「翌る日」 | トップページ | 昭和二十年八月 「科学無き者の最後」 »

2008年11月27日 (木)

昭和二十年八月十七日 アメリカ婦人に化粧品

 

 八月十七日(金)          晴 頗暑 六、〇〇 九、三〇
 午前十一時五十分稔彦王総理大臣の親任式。十一時二十五分皇太后御参。二十日軽井沢に行啓に付御暇乞の御参。零時半に御文庫に還御。三陛下御会食お済みの後、稔彦王今日の御礼の為三陛下に御対面。午后二時二十分閣僚親任式、外相兼大東亜相重光、内相山崎、蔵相津島、法相岩田、厚相松村、農相千石、軍需中島、国務省近衛、緒方、緒方は情報局総裁と書記官長を兼任、これで内閣も成立して安心した。四時過ぎ大宮様還御。今日は久々で帰らうとしてゐたら水戸から又三百名東上との事、困った事である。暫らく様子を見てゐたが大した事もないといふので下る。歩いて半蔵門まで出たら今日から出入りを禁じたといふので又坂下門へ廻って七時に帰る。久々の事である。寺本が来て色々土産をくれる。小倉さんと西瓜を食べる。いい気持で寝る。

     入江相政 『入江相政日記』

 
 14日から連続して当直をしていた入江も、やっと帰宅がかなった。

 「水戸から云々」については、木戸幸一の『木戸日記』に、「水戸より二百名程、兵が上京、不穏」という記述がある。水戸教導通信師団将兵392人が上野美術館を占拠した。

 高見順も、

 
 店での話では、横須賀鎮守府、藤沢航空隊等ではあくまで降伏反対で、不穏の空気が漲っているという。親が降参しても子は降参しない。そんなビラを撒いている由。ビラといえば東京の駅にも降伏反対のビラが貼ってあって、はがした者は銃殺すると書いてあるそうだ。

 
と、「不穏」な状況を記録している。

 

 

十七日(金) 晴
 ○眼醒むるもいまだ信ずる能わず。
 正直にいいて学校にゆく気せず。張り合いなし。
 ○宮城前にて将校二人割腹せりと。ああ、昨日、今日、死を選びし日本人幾ばくぞ。
 鈴木、平沼両家に焼打ちをかけし者ありと。馬鹿なり。無念耐えずんば、黙して自分が腹切るべし。いま血を血で洗うの愚を日本に現わすべからず。静々粛々、鎮痛の中にも一致して結束を固めて敵を迎うべし。
 東久邇内閣成る。果然近衛公出ず。
 清水に敵上陸せり。名古屋に支那兵上陸し、食糧徴発を開始せり。東京にすでに米兵四万人入りこみありとの噂ながる。
 いまだ日本人の頭は八月十五日以前と同じなり。しかも敵上陸の第一歩とともにイヤでもこの頭切換えざるべからず。惨苦は来れり。血の涙を流すべき忍苦の日はいよいよ来たれり。
 されど、いかに敏速なる東京人といえども、一昨日までの眼を敵見るやたちまち微笑の眼に変えることは不可能ならん。
 ○今日飯田駅で兵隊がいままでの如く特別に切符を買おうとしたら、少女駅員冷然として「兵隊さんはあとですよ」といった由。この話を聞ける面々、話した男を、なぜその女狐をぶんなぐらざりしと大いに怒る。余りといえば軽薄残忍の女にあらずや。
 一将功成らず万骨枯る。
 松岡なる友あり、大いなる製薬会社の息子なり。戦争以来、つねに白米の弁当に卵焼などを食い、いまだ配給物を食べたることなしと、十五日夜「今後はアメリカ人と手を握りてゆくが懸命なり。わが会社にては早速化粧品でも作りてアメリカ婦人に売りて儲けん」と澄ましていい、そんなことはできずといいたる友に、冷然として「そういう奴は将来乞食になるよりほかなし」と笑いしという。
 ききてみな大いに怒る。冗談にせよ、時と場合による。安西、柳沢、加藤らこれを制裁せんと相談しあり。いまさら殴りても始まらずといいかけたところ、一人「四人のゲンコツで、これが日本のゲンシ爆弾なり」といえるに失笑。

     山田風太郎 『戦中派不戦日記』

 

 
 八月十七日金曜日九夜。昨夜初めてこおろぎを聞いた。二三日前の晩に木鈴虫の声がした様であったが確かでない。方方が焼野原になったので今年は秋の虫も少ないであろう。昨夜就褥して間もなく十一時頃きなくさいにおいがするので心配した。小屋の炊事場に残り火があってもあぶないし、しゃもじの所で火を出されては小屋は大変である。暫らく様子を見たが何でもない、風の具合で大本営の書類を焼いている煙が流れて来たのかもしれない。

 
と、書き出された内田百閒の日記は、

 
 五月二十六日の夕方には自分も思わず乾麺麭を口に入れ歩き歩きいくつか食べたから人の事も云われないが、この頃往来でも電車の中でも何か食べている者が多くなったのは困った事である。若い女に特に多い。人前で若い女が一番不行儀な様である。しかし男も食べている。男でも女でも人の前で何か食べている顔はみんな猿に似ている様に思われる。

 
と、結ばれている。

 戦後の日々は始まっているのである。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2007/08/17 22:48 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/blog_id/38360/user_id/316274

 

 

|

« 昭和二十年八月十六日 「翌る日」 | トップページ | 昭和二十年八月 「科学無き者の最後」 »

昭和二十年の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/25692520

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和二十年八月十七日 アメリカ婦人に化粧品:

« 昭和二十年八月十六日 「翌る日」 | トップページ | 昭和二十年八月 「科学無き者の最後」 »