« 引き裂かれた家族の肖像 新正卓写真展 (現代史のトラウマ その15) | トップページ | 亡国の礎 『国体の本義』 (現代史のトラウマ 17) »

2008年11月25日 (火)

2007年1月4日 (亡国の徴) 現代史のトラウマ 16

 

 1月4日、仕事始め、だそうです。

 が、私はまだ休みなので、家族で立川まで出かけました。いろいろと寄った末に北口のフロム中武へ。娘はアニメオタクショップ。私は切手と古銭の店へ。

 古銭と切手といっても、元々からの収集癖があったわけではなく、何度かアニメオタクショップ通いに付き合わされるうちに、ヒマつぶして眺めていられる店として覗くようになったもの。
 始めは、家族の生まれ年の各国の硬貨を見つけ、面白がって購入していたわけです。硬貨のすり減り具合も、必ずしも年代の古さを反映していなかったりしますし、故国でそのコインが経て来た運命など想像したりするだけで、結構楽しめたものです。

 そうやって「見切り品」風に、店先の箱の中に入れられているコインを1枚1枚、国や年代を確認しながら選ぶ。なんてことを何度かしている内に、興味も拡がっていきました。もう存在しない国家の発行した硬貨が混ざっていることに気付いたわけです。
 最初に見つけたのは、1915年、革命以前のロシアのコインでした。やがて、1916年のアルジェリア、フランスの植民地であった時の貨幣。1942年のドイツ(ナチス時代)のハーケンクロイツ付きのもの。1945年のスウェーデン(第二次世界大戦では中立国)のコインなど、想像力をくすぐられるものが、ちょっと注意していると見つかることに気付いたわけです。
 そのうちに、今はなき、東欧の社会主義国家のコインにも気付きます。チェコスロバキア、ポーランド、ハンガリー、ブルガリア、そして東独、ソビエト連邦と、今はまったく別の政治体制の下に置かれている国家群の様々な貨幣。


 本日の成果。社会主義時代のチェコスロバキアのコインセット(1970~80年代のもの)。英連邦時代のニュージーランド。年代不詳のマスカット-オマーン(現オマーン)。年代不詳のイラク(サダム政権下あるいはそれ以前)。フランコ時代のスペイン(フランコの肖像入り)。そして、康徳元年と大同3年の年号の入った、「大満洲國」の1角白銅貨を1枚ずつ。

 例えば、社会主義時代のチェコスロバキア。年代からいって、1968年の「プラハの春」が、ブレジネフの指令下のワルシャワ条約機構軍戦車部隊の侵入により潰され、その後の「正常化」時代、つまり結局のところは国家財政破綻に向かう「正常化」の時代のものですね。丁度、ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』の主人公トマーシュと息子の生きた時代のコインということ。
 「社会主義共同体」の危機を救うために投入されたはずの戦車部隊は、結局のところ20年かけて、1989年の社会主義共同体の消滅を用意しただけでした。

 興味深い(?)のは、ネパールやビルマ(ミャンマー)、あるいはイスラエル、そしてイスラム圏の国々の貨幣には、西暦年号が記されていないことです。それぞれの年号がそれぞれの文字で記されているため、現在の私には、前記のイラクやマスカット-オマーンの例のように年代の確定が出来ません。1枚のコインですが、歴史・文化を深く刻印されているわけですね。

 そして、大満洲國の硬貨。関東軍の謀略に起源を持つ国家の発行した硬貨、ですね。日露戦争後に、ロシアから大日本帝国が獲得した権益の防衛のために派遣された、「関東軍」と呼ばれた大日本帝国の軍隊の軍人達の謀略により「建国」された国家の貨幣が、今、ここにあるわけです。
 同じ軍隊の軍人達は、満洲國の「建国」に飽き足らず、やがて盧溝橋事件をきっかけに中華民国正規軍との戦闘状態を拡大し(支那事変)、そのことから米国との外交関係を悪化させ、ついには真珠湾攻撃による対米英戦争の開始(大東亜戦争)に行き着きます。
 しかし、20世紀の戦争を戦い抜くには戦術的にも戦略的にも未熟な上に、兵器のみならず戦略物資の確保も出来ぬまま開戦に踏み切った結果(当然の結果として)、ポツダム宣言の受諾という形での事実上の無条件降伏に至ることになります。
 ここに、大日本帝國は亡国の時を迎え、その出先軍隊の謀略の産物としての満洲國も消滅の時を迎えました。
 満洲國が真に五族協和の国であったなら、その国民自らが国家防衛に当たったことでしょう。現実には、侵入してきたソ連軍に抵抗する満洲人の姿はなく、それどころか満洲防衛を任務としていたはずの関東軍が居留民(日本国内からの移住者)より先に逃亡したのが実態でした。
 以前に、新正卓写真展のところで記した「中国残留孤児」の悲劇、そして「シベリア抑留」もそれに付随する出来事でした。

 1枚のコインから、ある国家の「亡国」の姿までが蘇ります。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2007/01/04 23:27 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/blog_id/17322/user_id/316274

 

 

|

« 引き裂かれた家族の肖像 新正卓写真展 (現代史のトラウマ その15) | トップページ | 亡国の礎 『国体の本義』 (現代史のトラウマ 17) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/25639611

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年1月4日 (亡国の徴) 現代史のトラウマ 16:

« 引き裂かれた家族の肖像 新正卓写真展 (現代史のトラウマ その15) | トップページ | 亡国の礎 『国体の本義』 (現代史のトラウマ 17) »