« 昭和二十年八月十二日 「制限下」か「隷属下」か | トップページ | 昭和二十年八月十四日 市ヶ谷と小田原の火の手 »

2008年11月27日 (木)

昭和二十年八月十三日 クーデターとラヂオ

 

 8月13日の大本営『機密戦争日誌』には、クーデター計画に関する詳細な記述がある。第二項ではメンバーの詳細と理由を取り上げ、その先には、

 
 六、 夜、竹下ハ稲葉、荒尾大佐ト共ニ、「クーデター」ニ関シ、大臣ニ説明セント企図シアリシ所、二〇〇〇頃閣議ヨリ帰邸セル大臣ヨリ招致セラレ、椎崎、畑中ト同行官邸ヲ訪ヒ、相次デ来リシ荒尾、稲葉、井田ト共ニ、仮令逆臣トナリテモ永遠ノ国体護持ノ為、断乎明日午前(始メノ計画ハ今夜一二時ナリシモ、大臣ノ帰邸遅キ為不可能トナル)、之ヲ決行セムコトヲ具申スル所アリ。大臣ハ容易ニ同ズル色ナカリシモ、「西郷南州ノ心境ガヨク分ル」、「自分ノ命ハ君等ニ差シ上ゲル」等ノ言アリ。時々瞑目之ヲ久シウセラル。十時半頃散会トシ、一時間熟考ノ上、夜一二時登庁、荒尾大佐ニ決心ヲ示シ、所要ノ指示ヲセラレ度述ベ、三々五々帰ヘル。
 予ハ最后ニ残リ、大臣一人ノ時、賛否ヲ尋ネシニ、人ガ大キ故アノ場デハ言フヲ憚リタリト答へ、暗ニ同意ヲ示サル。尚、皆帰ヘル時、今日頃ハ君等ニ手ガ廻リ、逮捕セラルヤモ知レザルヲ以テ、用心シ給へ、トノ注意アリキ。他ヨリ入手セル情報ニ基クモノノ如シ。
 七、 皆、役所ヘ帰ヘリ、夫ヨリ更ニ計画ヲ練ル。予ハ特ニ左ヲ提案シ、全員ノ一致賛同ヲ得タリ。
 明朝ノコトハ、天下ノ一大事ニシテ、且、国軍一致蹶起ヲ必須トス。苟モ友軍相撃ニ陥ラザルコトニ就テハ、特ニ戒ムルノ要アリ。依テ明朝、大臣、総長先ヅ協議シ、意見ノ一致ヲ見タル上、七時ヨリ東部軍管区司令官、近衛師団長ヲ招致シ、ソノ意向ヲ正シ、四者完全ナル意見ノ一致ヲ見タル上立ツベク、若シ一人ナリトモ不同意ナレバ、潔ク決行ヲ中止スルコト。
 決行ノ時ハ十時トスルコト。
 等ナリ。


 一方、その13日、午後4時から7時半まで開かれた閣議での阿南陸軍大臣の動き。
多くの閣僚の意向に反し、ポツダム宣言受諾には賛意を示そうとはしなかったが、

 

 
 この閣議の最中、特筆すべきことが二つあった。
 閣議がはじまると間もなく、阿南陸相は私を促して隣室の電話で陸軍省軍務局長を呼び出して、次のようなことをいわれた。
「閣議は逐次君たちの意見を了解する方向に向かいつつあるから、私が帰るまで動かずにじっとしていて欲しい。ここに書記官長がいるから、望むなら閣議の様子をきいてもらいたい」
 私はびっくりした。閣議の状況は陸軍大臣の孤軍奮闘の形であったからだ。阿南陸相は私に目くばせした。私はその心を知り、しかるべく口裏を合わせようと決心していると、先方はそれには及ばぬといったと見えて、陸相は電話を切られた。

     迫水久常 『機関銃下の首相官邸』

 
 阿南陸軍大臣は、ポツダム宣言受諾をまだ口にはしなかったが、部下のクーデター計画の発動を憂慮し、未然防止への手を講じてもいたわけである。


大本営午後四時発表。皇軍は新たに勅命を拝し、米英ソ支四カ国軍対し、作戦を開始せり

という記事が、報道各社に配布されたのも、ほぼ同時刻のことであった。朝日新聞記者から、その内容の真偽を尋ねられた迫水は、陸相に確認(大本営発表の内容とされるものが事実無根であること、つまり謀略であるということだ)の上、撤回させることに成功する。これが発表されていたら、ポツダム宣言の受諾は不可能となるのである。

 

 
 ……。ただの空襲でなくB29が這入って来るといつ原子爆弾を落とすかも知れないと云う格別の不安あり。そう云う際にラヂオが聞かれないとなお一層の不安を感ずる。
 夕五時頃ラヂヲが駿河湾から侵入して富士川に沿い上ぼって行く不明の爆音ありと云った。そのつもりで用意していると忽ち東京の上空にやって来たかと思う内に何か落とした様である。ビラかも知れない。その前から家内と松木の防空壕に這入っていたので落下音は聞かなかった。そのB29が行ってしまってからも未だ艦上機の攻撃は続いた。加之五時頃には敵の潜水艦が伊豆の下田を攻撃していると放送した。まだ明るい近海の水面に浮かび上がってそんな真似をしてもどうする事も出来ないのであろうか。自烈たき限りなり。

     内田百閒 『東京焼盡』

 
 滞在先の松木男爵宅のラジオの不具合で、状況が把握出来ないまま不安の中で時を過ごした百閒も、バロン松木の帰宅でラジオ情報に接することが出来たのであった。
 謀略が成功していたら、午後5時には、「ラヂオ」からは、米英ソ支4カ国に宣戦を布告した旨の大本営発表が流され、ポツダム宣言受諾など不可能になっていたのである。

 白昼堂々と、伊豆沖に米潜水艦が浮上し、下田を攻撃していると伝えるラジオ。制海権も制空権も完全に失った大日本帝國の姿である。しかし、なお本土決戦が叫ばれているのであった。

 

 

 

(オリジナルは、投稿日時:2007/08/13 23:58 → http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/blog_id/38034/user_id/316274

 

 

|

« 昭和二十年八月十二日 「制限下」か「隷属下」か | トップページ | 昭和二十年八月十四日 市ヶ谷と小田原の火の手 »

昭和二十年の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135955/25692043

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和二十年八月十三日 クーデターとラヂオ:

« 昭和二十年八月十二日 「制限下」か「隷属下」か | トップページ | 昭和二十年八月十四日 市ヶ谷と小田原の火の手 »